長崎空港のちゃんぽん「協和飯店」vs「牡丹」【ガチ比較】

中華レストラン「牡丹」は、2階レストラン「エアポート」内にて営業しています。

※2022年3月現在。

長崎ちゃんぽん放浪記:第40回

長崎空港(大村市)のちゃんぽん店、牡丹と協和飯店
長崎空港内(or 近く)のちゃんぽん店「協和飯店」vs「牡丹」。ガチ比較します!【両店を実食済】

長崎県の空の玄関口「長崎空港」。観光客にとっては、本場の長崎ちゃんぽんを口にできる最後の駆け込み寺となります。

そこで自信をもってオススメできる名店が「協和飯店」「牡丹」。それぞれに「福山雅治さん」、「欅坂46」、「風間俊介さん」たち著名人を魅了した本物のクオリティ。

ということで、両店で実食済の筆者が、ガチ比較しちゃいます!

スポンサーリンク

場所【空港内 vs 空港から3キロ】

協和飯店(大村市森園町) 牡丹(長崎空港のちゃんぽん専門店)の外装
協和飯店 牡丹

「協和飯店」  :空港から2.7キロ離れた森園町にあります。

「牡丹」          :空港内1Fにあります。

長崎空港を利用する観光客からすれば、アクセスでは空港内の「牡丹」が段違いに優れています。

一方の「協和飯店」ですが、距離的ハンデを物ともせず、店の駐車場では県外ナンバーが目立つ目立つ。それだけ、ちゃんぽんの名店として名を馳せている証しです。

その「協和飯店」では、店の前にある駐車場の満車率が半端じゃありません。

ただ、駐車スペース10台の第2駐車場が完備されています。

なお「高速道路」からだと、両店ともに大村I.C.から距離約3キロ、車で10分とアクセス良好。

両店の場所

メニュー構成

協和飯店(大村市森園町)、ダル麺 牡丹(長崎空港のちゃんぽん専門店)の角煮まんじゅう
協和飯店のダル麺 牡丹の角煮まんじゅう

「協和飯店」

ちゃんぽん、皿うどんが看板メニューですが、中華の一品料理も豊富に揃えており、メニュー構成は大衆向けの中華料理店です。

他の人気メニューとして、「ダル麺」が挙げられます。

「牡丹」

ほぼ「ちゃんぽん・皿うどんの専門店」です。「担々麺」や「チャーハン」、「中華丼」を置いてあるものの、他は、点心類や唐揚などのサイドメニューで構成されています。

また「ちゃんぽん・皿うどんのメニュー」を、セットメニューを含め数種類揃えています。これは「協和飯店」にはない特徴。

両店の看板メニュー「ちゃんぽん比較!」【ガチ】

「協和飯店のちゃんぽん」

協和飯店(大村市森園町)、ちゃんぽん
協和飯店のちゃんぽん

ちゃんぽん、皿うどんのメニューは、それぞれ単品onlyで、特製などは置いていないシンプルタイプ(皿うどんの大盛りはあり)。そして、ちゃんぽんのセット&ランチもありません。

ちゃんぽんスープは、「鶏ガラ主体のクリーミー系」で、豚骨・海鮮の出汁がアクセントになっている王道タイプ。コクの奥深さがSSS級で、長崎中華街の名店にも何ら劣らない逸品スープです。

ちゃんぽん・皿うどんのメニュー

協和飯店(大村市森園町)、福山雅治

※皿うどんの下は「ダル麺」です。

「牡丹のちゃんぽん」

牡丹の長崎空港特製ちゃんぽん
牡丹の特製ちゃんぽん

野菜ドカ盛りが売りの一つで、スープにもそのウマ味がたっぷりと溶け込んでいます。

スープは、鶏ガラ・豚骨をベースとして、野菜と海鮮のウマ味とをハイブリッドさせたハイクオリティなもの。特に、野菜エキスからの甘味が強く印象に残ります。

ちゃんぽん・皿うどんのメニュー

   • 長崎空港特製ちゃんぽん :  1,300円   

       • 長崎ちゃんぽん :             1,030円   

       • ミニちゃんぽん :                850円   

       • 野菜たっぷりちゃんぽん : 1,200円   

       • 長崎皿うどん :               1,030円   

       • ミニ皿うどん :                  800円   

      • 「Aセット(ミニちゃんぽん又はミニ皿うどん+ミニ炒飯+餃子3個)」 : 1,440円   

      • 「Bセット(ミニちゃんぽん又はミニ皿うどん+餃子3個)」 :  1,060円   

      • 「Cセット(ミニちゃんぽん又はミニ皿うどん+ミニ炒飯)」 : 1,190円

「席の配置」と「接客」

協和飯店(大村市森園町) 牡丹(長崎空港のちゃんぽん専門店)の内装
協和飯店 牡丹

協和飯店:

中華では珍しいオープンキッチンで、解放感ばっつぐん。

 • カウンター×5席

 • 4人テーブル×2

 • 奥座敷テーブル×4

のレイアウトで、あらゆる客層に対応。

お昼時は、いつ何度でもお客で溢れており、店の名物お姉さんがシャキシャキ切り盛りしています。

牡丹:

メインの四人掛けテーブルを10以上揃え、その配置はゆったりとしたもの。「カウンター」もあるので、おひとり様でも余裕で入店できます。

内装はランタンが飾られたカジュアルなもの。接客はややマニュアルチックですが、一人一人が意識を高くもってテキパキと仕事をこなしています。

「協和飯店」vs「牡丹」 まとめ

味は好みの問題。ただ、王道系長崎ちゃんぽんを求めるなら「協和飯店」

長崎ちゃんぽんは、ちゃんぽんを考案した陳平順の店「四海楼」に端を発し、華僑が経営する「新地中華街の各店」とともにその伝統を堅持しています。

そのスープの特徴は、鶏ガラonlyか、鶏ガラメイン・豚骨アクセントが主流です。その意味では、「協和飯店」のスープが本場のものに限りなく近く、かつハイクオリティな王道系です。

一方、「牡丹」のスープは、豚骨の主張がやや強い個性派(これはこれでウマい!です)。

他の比較では、空港からの距離では「牡丹」が圧倒的に優位で、全体的の価格帯では「協和飯店」が安いです。

ということで、ちゃんぽんスキーなら、両店ともにご賞味ください!

「協和飯店」vs「牡丹」。大村の2強ちゃんぽん店の食レポはコチラ

「協和飯店」~欅坂46称賛【特濃ちゃんぽん、爆ウマッッ!】

【福山雅治さん来店!(6/27)】協和飯店(大村)
営業再開の当日(3月14日)にログイン!ちゃんぽん、皿うど...

「牡丹(長崎空港)」でちゃんぽん~【風間俊介ベタ褒め】激ウマな秘密はスープにあり

「牡丹(長崎空港)」でちゃんぽん~【風間俊介ベタ褒め】激ウマな秘密はスープにあり
長崎の空の玄関口「長崎空港」。その1Fにある「中華レストラン 牡丹」には、風間俊介さんが賞賛した激ウマちゃんぽんがあります。ちゃんぽんを食べ歩いている長崎県民が、ガッツリ食レポしました!

【食レポ史上…かつてない衝撃ッ…!!】

【長崎中華街のちゃんぽんを、全店制覇したんで…】

長崎新地中華街のちゃんぽん

  

後悔させません!

長崎中華街のちゃんぽん【全店実食した地元民がオススメする15選】
【中華街のちゃんぽんを全店食ったどーーーッ!】。「ガチまとめ」を見たいの?だったらココッ!


【長崎グルメ情報、速報中!】

( ゚∀゚)o彡フォローォ!


1. 味や店への評価は、個人的見解です。

2. 当記事における掲載情報は、時間の経過とともに変化する場合があります。

事前に店舗か公式サイトでご確認ください。

3. 写真の盗用、特にまとめ・キュレーションサイト、アフィリエイトブログに対しては、断固とした対応をとります。
スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image