長崎ランタンフェスティバル2020【心底おすすめの食べ歩きグルメ大特集】~34品全て実食!

長崎ランタンフェスティバル(長崎新地中華街)の角煮まんじゅう
西湖の角煮まんじゅう(長崎新地中華街) 長崎ランタンフェスティバル(湊公園・新地中華街会場)のレッドランタンのえびせん

長崎ランタンフェスティバル(長崎新地中華街)のよりより、蘇州林 長崎ランタンフェスティバル

長崎ランタンフェスティバル(湊公園・新地中華街会場)の南山手にあるケルンというお土産さん 江山楼の王さんの特上ちゃんぽん

【ランフェスの達人】が必食ランフェスグルメを大公開するって!

地球人類の皆さーーーん!ランフェスの楽しみといえば?

言わずと知れた「ランタンオブジェ」と「イベント」見物が鉄板ですよね♪♪♪(他は眼中ナシ)

……

ちょっ待てよ……!(ざわ…ざわ… )

ラ、ランフェスグルメが……ッ!(ざわ…ざわ… )

「ランフェスグルメで食い倒れる」が……ッッ!

ネーじゃねーーーーーーーかッッッ!!!(怒髪天を衝きやぶるッッ

スポンサーリンク

オーライ!んじゃ、いきなり必食グルメのまとめ!

オッサン(=筆者)のグルメ紀行なんざ興味ないしょ。

読者が口にしたいものに光速で到達できるように、冒頭でまとめます。

※拙サイトは「アンチまとめサイト」なので、全て実食済。その点は信用してもらってオーケーGoogle

心よりオススメ【ランフェスグルメ神8】

岩崎本舗の角煮まんじゅう 長崎ランタンフェスティバル、山ぐち仕出し店のハトシ、中華街 長崎ランタンフェスティバル(湊公園・新地中華街会場)のチョコよりより(蘇州林)
岩崎本舗 角煮まんじゅう 山ぐち仕出し店 ハトシ 蘇州林 チョコよりより

長崎ランタンフェスティバル(中央公園)、長崎燒小籠包 チャイデリカ ランタンフェスティバル、石橋蒲鉾店の磯辺揚げ 長崎ランタンフェスティバル(湊公園・新地中華街会場)のレッドランタンのえびせん
チャイデリカの小籠包 石橋蒲鉾店の磯辺揚げ レッドランタンのえびせん

長崎ランタンフェスティバル(中央公園)、中国彩館 慶華園、ロング春巻き 長崎ランタンフェスティバル、萬順製菓のよりより 長崎ランタンフェスティバル、萬順製菓の月餅
慶華園のロング春巻き 萬順製菓のよりより 萬順製菓の月餅

  1. 「岩崎本舗 角煮まんじゅう(特にチーズ入)」:中華街「前」で店内販売
  2. 「山ぐち仕出し店 ハトシ」:中華街で出店販売
  3. ✔「蘇州林 チョコよりより」:中華街で店内販売
  4. ✔「石橋蒲鉾店 磯辺揚げ」:中華街で店頭販売
  5. ✔「レッドランタン えびせん」:中華街で出店販売
  6. 「チャイデリカ 小籠包」:中央公園で出店販売&中華街「前」で店内販売
  7. ✔「慶華園 ロング春巻き」:中央公園で出店販売
  8. 「萬順製菓 よりより(と月餅)」:中央公園で出店販売
でっす。

✔印はランタンフェスティバル限定商品です。

「チョコよりより」、「よりより」、「月餅」はお土産にも最適。

全店マップ

上述した店はすべてマークしています。現地到着後に活用ください。

※過去のデータなので、出店の位置が変更されている場合があります。

【ランフェス限定グルメ】

「蘇州林 チョコよりより&マーブルマーラカオ」

長崎ランタンフェスティバル(湊公園・新地中華街会場)のチョコよりより(蘇州林) 長崎ランタンフェスティバル(湊公園・新地中華街会場)の蘇州林のマーラカオ(マーブル)

「よりより」とは一言でいえば中国版ドーナツ。ドーナツとの違いは、形が円形ではなく、螺旋状にねじっている点。そして最大の相違となる「ゴリゴリに硬い食感」が挙げられます。

一方の「マーラカオ」は中華風蒸しパンで、卵の香り漂うフカフカ食感がくせになる味わい。

そして、点心王「蘇州林」がランフェス限定で専売するのが、特別バージョン「チョコよりより」&「マーブルマーラカオ」なのだ。

2品のうち、「チョコよりより」はすぐに品切れになるほど国民的人気を博しています。だから、食べ歩き用だけでなく、お土産にも戦後最大級に最適。

残る「マーブルマーラカオ」はマーラカオwithココアの味わい。

※「チョコよりより」の販売所は、江山楼斜め前のテイクアウト専門店のみです。毎年早期に売り切れるので、早めに入手するベシ。

(チョコよりよりの値段:1本100円、5本500円、10本900円。)

長崎ランタンフェスティバル(湊公園・新地中華街会場)の蘇州林のよりより 長崎ランタンフェスティバル(湊公園・新地中華街会場)のマーラカオ(蘇州林)

蘇州林では、ベーシックなよりより・マーラカオも販売しています。

長崎ランタンフェスティバル(湊公園・新地中華街会場)の蘇州林の露天
蘇州林の角煮まんじゅう 長崎ランタンフェスティバル、蘇州林のハトシ 蘇州林(長崎新地中華街)の月餅

蘇州林(長崎新地中華街)の中華ちまき 蘇州林(長崎新地中華街)の胡麻ぱん 蘇州林(長崎新地中華街)

「角煮まんじゅう」、「肉まん」、「中華ちまき」、「ハトシ」、「胡麻パン」、「月餅」etcと点心の品ぞろえでは絶対王者です。それが我らの「蘇州林」。

「石橋蒲鉾店の磯辺揚げ」 220円

ランタンフェスティバル、石橋蒲鉾店の磯辺揚げ ランタンフェスティバル、石橋蒲鉾店の磯辺揚げ

全国トップのかまぼこ消費量を誇る長崎市にあって、中華街に暖簾を構える「石橋蒲鉾店」。その創業は1924年(大正13)と紀寿目前のガチ老舗。

その石橋蒲鉾店が、ランフェス限定で販売するのが特製「磯辺揚げ」

作り置きではなく、オーダーが入ってから揚げるこだわりよう。つまり、問答無用にバリうまっ!アーンドビールのつまみに、200パー最適!最終的かつ不可逆的に最適!我が人生に一片の悔いなしと中華街の中心で絶叫できるほど最適!

ランタンフェスティバル、石橋蒲鉾店 ランタンフェスティバル、石橋蒲鉾店

通常販売しているかまぼこ類も、もちろんオススメ。老舗の看板を守り続ける伝統の味を堪能ください。おみやげにも是非どうぞ(ばら売りもアリ)。

「揚げたてエビセン」

長崎ランタンフェスティバル(湊公園・新地中華街会場)のレッドランタンのえびせん長崎ランタンフェスティバル(湊公園・新地中華街会場)のレッドランタンのえびせん長崎ランタンフェスティバル(湊公園・新地中華街会場)のレッドランタンのえびせん
レッドランタンのえびせん調理パフォーマンス
長崎ランタンフェスティバル(湊公園・新地中華街会場)のレッドランタンのえびせん 長崎ランタンフェスティバル(中央公園)、中国彩館 慶華園のえびせん
レッドランタンのえびせん 慶華園のえびせん

えびせん自体は、中華料理の添え物としてポピュラーな存在。ただランフェスでは以下の2店が揚げたてサクサクを出店販売します。

  • 「レッドランタン」:中華街に出店 1袋200円(大)

  • 「慶華園」:中央公園に 〃     1袋100円

「レッドランタン」では、【イケメン】料理人さんが鍋振りパフォーマンスを目の前で披露してくれます。動画撮影OKなので、ユーチューバーさんは赤丸✔。

※両店ともに、ちゃんぽんを看板メニューにした中華料理店として有名です。なお、レッドランタンの料理人さんは【ばりイケメン】

「慶華園のロング春巻き」 1本200円

長崎ランタンフェスティバル(中央公園)、中国彩館 慶華園、ロング春巻き

中島川上流沿いに店を構える「慶華園」では、ランフェス期間中、「中央公園」で出店を出し、「ロング春巻き」と「えびせん」を販売してます。

長さ14㎝のロング春巻きには、豚肉、白菜、椎茸、筍、キクラゲ入りの餡が入っており、濃いめの味付け。ビールがガンガン進む君なので、泥酔しないよう要注意なのだ。

【定番もの】

「角煮まんじゅう」

長崎ランタンフェスティバル(長崎新地中華街)の角煮まんじゅう

長崎ランタンフェスティバル、角煮まんじゅう食べ比べ、岩崎本舗、こじま、江山楼、蘇州林
岩崎本舗、こじま、江山楼、蘇州林を食べ比べてみた

   

 • 「岩崎本舗」    400円   

 • 「角煮家こじま」    350円   

 • 「江山楼」     350円   

 • 「蘇州林」     350円

の4品を食べ比べたYO。上2店は角煮まんじゅう専門店。下2店は中華街にある中華料理店です。

いきなり結論:「岩崎本舗」がやや値段高めなれど、角煮まんじゅうのバリエーションが5品と圧倒的に豊富なのでゴリ押しです!(他は単品)

味の差:違いはもちろんあります。しかしそれは「手作り角煮まんじゅう」という「カテゴリー内での違い」でしかなく、どれもウマウマです(身も蓋もなし)。サイズも、江山楼がやや小ぶりですが、どれも極端な差はナシ。

だったら、豊富なメニューから選べる「岩崎本舗」に軍配をあげます。

※バンズは、外皮がパリッッッ!、中はホテル食パンのようにふっくら。角煮は、ト~~~~~~ロトロな肉感で、味付けの濃厚さは4店のなかで最強。

岩崎本舗のチーズ入角煮まんじゅう岩崎本舗の大トロ角煮まんじゅう

岩崎本舗はとにかく種類が豊富。

「チーズ入り角煮饅頭」(左写真)/「大トロ角煮饅頭」(右写真)

2020年1月時点での「岩崎本舗 角煮まんじゅうのメニュー」

 • 長崎角煮まんじゅう       400円   

 • 大トロ角煮まんじゅう      513円   

 • チーズ入角煮まんじゅう 500円   

 • てりマヨバーガー            350円   

 • 白バーガー                     600円

とろ~り「チーズ入角煮まんじゅう」がめちゃウマ!女性の支持が特に高いそうな(スタッフ談)。

コスパ&ボリューム重視なら「角煮家こじま」

角煮の分厚さなら問答無用にこじま。脂身がほろっ、とろっと口の中で蕩けます。赤身は適度に弾力を残した食感。

バンズはもちっとして、ほのかに甘味を感じます。

一方、「角煮まんじゅう」だけでなく、色んな点を一度の注文で揃えたいなら点心の帝王「蘇州林」です。

点心の品ぞろえは出色で、ほぼ全てが揃っています。

ちゃんぽんの名店としてあまりに有名な「江山楼」が出店を出すのはランフェス期間のみで、それだけでもプレミア感があります。ちなみに、グランドメニューでのお値段は2個1,200円。

「蘇州林」もですが、八角がほど良いアクセントになっています。

「ハトシ」~ひとーつ!ランフェス家訓。山ぐち仕出し店のハトシは必必必必必必食!!(ハイ、復唱)

長崎ランタンフェスティバル、山ぐち仕出し店のハトシ、中華街 長崎ランタンフェスティバル、蘇州林のハトシ
山ぐち仕出し店 蘇州林

近年注目度がぎゅんぎゅん上昇中の「ハトシ」。

料理の内容は、『食パンにエビや肉のミンチを挟んで、油で揚げたもの』です。

長崎中華街での中華料理店では必ずメニューにありますし、長崎の郷土料理「卓袱」にも登場します。

元来は中華料理だけど、ハトシを嫌う日本人はほぼいないと断言できるので、未食の方でも安心してガブリンチョしてくださいまし。

本稿では、ランフェスグルメ特集として、点心の帝王「蘇州林のハトシ」と食べ比べしてみました。

蘇州林のものは、「白身魚」と「エビ」をハイブリッドさせたすり身に加え、パンの表面にパン粉をまぶして油濃さを軽くしているのが特徴。

でっですね、ウマい、文句などあろうハズなしにウマいです。だけど(個人的には)山ぐち仕出し店を推します!

長崎ランタンフェスティバル、山ぐち仕出し店のハトシ、中華街

刮目せよッ!ぎゅうぎゅうに詰まったエビのすり身をッッッ!!コレが山ぐち仕出し店のハトシだ………!!!

この写真をガン見するだけで、ビール3缶はイける。

実際にビールのお供にしたら100缶越えもチョロいZ(無理だって

「チャイデリカの小籠包」

長崎ランタンフェスティバル(中央公園)、長崎燒小籠包 チャイデリカ 長崎ランタンフェスティバル(中央公園)、長崎燒小籠包 チャイデリカの中華粥
小籠包 中華粥

「長崎燒小籠包 チャイデリカ」の小籠包は、蒸すのではなく、鉄板でジュ~~っと焼き上げるのが特徴。

【1】「もみじ豚」 4個380円 「雲仙から流れる清水」と「天然有効アミノ酸を添加した飼料」を与えて育てた雲仙うまか豚「紅葉」。それを餡に用いた特製焼小籠包。

口に入れると、うまか豚の「脂の甘味」と「尋常でないウマ味」がジュバァッと広がります。

【2】「海老焼き小籠包」 4個440円 2種類のエビを混ぜた餡は、エビそのものよりエビのウマ味がダイレクトに伝わります。

※2品ともに、食べた瞬間、肉汁プシュュュュュュュューーーーーーなのでご注意を。

「中華がゆ」 シンプルな塩味は小籠包とピッタシ。

長崎燒小籠包 チャイデリカ、西浜店のエッグタルト 長崎燒小籠包 チャイデリカ、西浜店の杏仁豆腐
エッグタルト 杏仁豆腐

「西浜店」では、「エッグタルト」と「杏仁豆腐」を店頭販売していました。

「中華まんじゅう」(肉まん・あんまん)

新地中華街の店頭販売の肉まん 長崎ランタンフェスティバル(湊公園・新地中華街会場)の南山手にあるケルンというお土産さんパンダまんじゅう(販売店・新地中華街)

通常の肉まん・あんまんの他に、ランフェス特製の「パンダまん」や「美豚まん」、「桃まんじゅう」が各店で販売されています。

きゃわい過ぎて食べるのを躊躇しちゃいますね♡……って結局むしゃむしゃ容赦なく食べちゃうけど☆

「中華ちまき」

蘇州林(長崎新地中華街)の中華ちまき

中国屋台メニューの定番。

「エビ」・「豚肉」・「竹の子」・「椎茸」などの具材と、もち米を用いた「中華ちまき」

どこか懐かしく、それでいて腹持ち良好なソウルフード。

「萬順製菓のよりより」

長崎ランタンフェスティバル、萬順製菓のよりより 長崎ランタンフェスティバル、福健のよりより(4種)、中華街
萬順製菓のよりより 福健のよりより(4種)

「よりより」も中国原産の長崎名物。食べ歩き用よりは、家ボリ or おみやげ用寄りの銘菓。

そのよりよりを取り扱う専門店として、1884年(明治17)創業の「萬順製菓」はひときわ有名。ランフェス中には、「中央公園」に露店を出店しています。

「萬順製菓のよりより」は、表面だけでなく、中までバリッバリッと硬い「硬派の食感」が特徴。なので、食べだしたら止まらないSSS級の中毒性に激注意です。

また、中華街の「福建」では、色とりどり4食のよりよりが販売されています。

「一〇香(茂木一まる香本家)」

長崎ランタンフェスティバルの一〇香 - 茂木一まる香本家 長崎ランタンフェスティバルの一〇香 - 茂木一まる香本家 長崎ランタンフェスティバルの一〇香 - 茂木一まる香本家

中国伝来の焼き菓子で、長崎の代表的銘菓「一〇香」(いっこっこう)は、1844年(弘化元年)「茂木一まる香本家」のものが特に有名。

ランフェス期間中は湊公園(新地中華街会場)に出店しています。

食べ歩き用よりは、お土産用として需要が高そう。メディアに頻繁に登場するので、話のネタにもなります。

ばら売りしているので、中が空洞となっている摩訶不思議な銘菓をまずはお確かめアレ!

長崎ランタンフェスティバルの一口香の黒糖まんじゅう「黒〇香り」、一〇香 - 茂木一まる香本家 長崎ランタンフェスティバルの一口香の黒糖まんじゅう「黒〇香り」、一〇香 - 茂木一まる香本家

黒糖まんじゅう「黒〇香り」も是非ご一緒に。

「くらさきの鯨カツ・鯨の竜田揚げの盛り合わせ」1,000円

長崎ランタンフェスティバル、鯨専門店くらさきの鯨詰め合わせ 長崎ランタンフェスティバル、鯨専門店くらさきの鯨詰め合わせ

鯨専門店「くらさき」は、ランフェス期間中、中央公園に出店。

1946年創業4代目の老舗が誇る看板メニューは、秘伝の醤油タレに赤身肉を漬け込んだ「鯨カツ」。

鯨特有の臭みを程よく抑え、それでいて、ウマ味を最大限に引き出した逸品。

この鯨カツ一枚と「鯨の竜田揚げ」60gがセットになった盛り合わせです。

※「秋元康」さん、「松任谷正隆」さんが認めた味です。

「月餅」

長崎ランタンフェスティバル、萬順製菓の月餅 蘇州林(長崎新地中華街)の月餅
萬順製菓の月餅 蘇州林(長崎新地中華街)の月餅

中国の代表的銘菓「月餅」は、長崎中華街ではお馴染みの存在で、特におみやげ用として人気を博しています。

「よりより」の項で紹介した「萬順製菓」でも販売されていて、筆者個人は萬順推し。

タルトチックなさくさく外皮に、水あめを含んだシットリこしあんとのハーモニーがグレートうまし。

以上となります。ランフェスグルメを堪能しまくりしん!

「長崎ランタンフェスティバル2020」~達人が【見どころを神解説!】

長崎ランタンフェスティバル

3年間ランフェスに通い続けた超ヒマ人(ほっとけ!)による「ランタンフェスティバル 神ガイド」。絶対の自信作!

【画像をクリック!】

「長崎ランタンフェスティバル2020」~達人が【見どころを神解説!】
【本物のランフェスガイド】をお見せします。

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。

詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

特にまとめ・キュレーションサイト、アフィリエイトブログによる画像の盗用については、断固とした対応をとります。
スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image