新和楼(新地中華街)で長崎ちゃんぽん~創業90年!ウマいの?食レポ敢行

長崎ちゃんぽん放浪記:第15回

新和楼
創業1928年」と聞けば、この底辺クズ太郎が、ビビり上がると思うなよ!

長崎の新地中華街では、最古級の中華料理店「新和楼(シンワロウ)[1]新地中華街の最古店は「中国料理館 会楽園」で、1927年創業。。まずは、その深い歴史に敬意を表したい。しかし味の評価は別だ。

「最古の老舗」と聞くだけで、尻尾フリフリ。「うんまい、うんまい」と手放しで高評価を下す飼い犬根性など、微塵も持ち合わせてねーんだ。Rock you!

俺のあだ名は「長崎の赤いオオカミ」。そう呼ばれたことは一度もないけど、そのつもりだ。

いずれにせよ、野生の本能をもって、厳正に味の評価を下したい。

「ベーシックちゃんぽん」をオーダー

新和楼の長崎ちゃんぽん

例によって「特製ちゃんぽん」を頼もうと、血眼になってメニューを探したけど、残念ながらナシ(昔はあったんだけど)。ということで、「フツーのちゃんぽん」 800円をオーダー。

新和楼のちゃんぽん

「長崎ちゃんぽん、とうちゃーく」。割りばしをパチンと割って、まずは具材チェック!イジワルな姑が嫁の掃除具合をチェックするかのごとく、入念に吟味するのダ!

肉海鮮系は、「えび」、「いか」、「ちくわ」、「はんぺん」、「キクラゲ」、「豚肉」。そして最強うま味エキスを抽出する「あさり」(冬はかき)。

長崎ちゃんぽんにはお馴染みの具材だけど、「あさり」はポイント高し。これが入ると入らないのでは、うま味の深さが歴然に違うのだ。それと、エビはプリプリ感があってイイネ!

お野菜は、「キャベツ」、「もやし」、「たまねぎ」。キャベツが、ちゃんぽんにしては細切りなのが特徴。野菜はもう少し量が欲しいところナリ。

ちゃんぽんの全体量としては、若干少なめ。

ちゃんぽん麺はドーヨ

新和楼のちゃんぽんの麺

太麺で柔め

ぶっとい麺が絶品スープをこれでもかと吸い込んでいて、マジ旨かーーー!唐あくの独特の香りが食欲をそそり、ズルズルいっちゃう。このちゃんぽん麺の味わいこそ、新地の王道ちゃんぽんあるヨ!

90年の歴史がつまった上品な鳥ガラスープ

新和楼のちゃんぽんのスープ

鳥ガラonlyなさらりコクウマ系。

黄金色に透き通った鳥ガラスープ。さらり系なんだけど、淡泊でもあっさりでもない。ちゃんとコクの深みがある。

同じ鳥ガラ100%の超有名店「江山楼」の白濁クリーミースープと比べると、ダイレクトなパンチ力には欠ける。でも、口に含むと、フワワァと後から後から上品なコクが広がる。だから、全然飽きない!むしろ飽きるってどんなだったけ?ってぐらい圧倒的な余韻力。

新和楼90年の歴史。その味の深淵をココに見た。

新和楼(シンワロウ)のちゃんぽん まとめ

新和楼のちゃんぽん

90年の重みが詰まった絶品スープ

横浜、神戸に比べるとぐっとコンパクトな長崎新地中華街。それでも競争は激しく、老舗でも店をたたむことは間々ある。その中で100年近く暖簾を守るのは、並大抵なことではないのダ。

新和楼がこれだけ長く続けられる訳。それは、長崎ちゃんぽんの基本をガッチリ守りながら、その命となるスープ。それを、さらりコクウマ系の極限にまで高めているのが一因ではないだろーか。いやそうに違いない!

新和楼90年、その歴史は伊達じゃなかった!!

ということで、〆の感想にイこーか!
「新和楼さん、バリッ旨か!!ごちそうさんした」。

• 長崎ちゃんぽん     800円

 新和楼の営業時間

【昼】11:30〜15:00
【夜】17:00〜21:00

店舗情報

店名新和楼(シンワロウ)
住所長崎県長崎市新地町11-18 地図上の位置
ジャンル長崎ちゃんぽん、皿うどん、中華
定休日不定休
駐車場無し
問い合わせ095-822-3016

「長崎ちゃんぽん放浪記」【目指せ100杯!】

長崎ちゃんぽん放浪記 ちゃんぽんを、アッチコッチで食べ歩いてます。名店から仰天ビックリなものまであるYO
【画像をクリック!】

  1. 味や店への評価は、あくまで個人的見解です。
  2. 当サイトでの掲載情報の内容は、時間の経過とともに変化する場合があります。
  3. 本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人 
    画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば著作権侵害で処罰されます
    詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

脚注・出典   [ + ]

1. 新地中華街の最古店は「中国料理館 会楽園」で、1927年創業。

トップへもどる

Copyrighted Image