【貴重な御朱印です】「梅園身代り天満宮」(長崎市丸山)~映画 長崎ぶらぶら節の舞台

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)の梅
梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)の梅 梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)、例大祭丸山くんち(丸山華まつり)、長崎検番踊り

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)、歯痛狛犬 梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)、梅塚 梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)、ぼけ封じ撫で牛

「長崎ぶらぶら節」、「梅の名所」、「丸山華まつり」、「歯痛狛犬」、「梅塚」etc。見どころ満載な天満さま

「梅園身代り天満宮」が鎮座しているのは、長崎市丸山。かつては江戸の吉原、京の島原と並ぶ日本三大花街の一つとして、名を連ねていました。そのため、丸山遊女から厚い崇敬をうけたお宮としても知られています。

その他にも、

   • 「映画 長崎ぶらぶら節で、愛八がお雪の回復を願い、お百度参りをするシーンに登場(01:11:28)」

   • 「梅の名所」  

 • 「芸妓衆による舞が奉納される丸山華まつり」

 • 「歯痛の身代りになる歯痛狛犬」

   • 「遊女が梅の種を天神さまの化身とし収めた梅塚」

と、境内中にに見どころが溢れています。

以上、プロローグを終えたところで、さっそく「梅園身代り天満宮」へ足を運んでみましょう。

✔写真は長崎市非常事態行動発表前に撮ったものです。

梅園身代り天満宮は、神さまがおられる神域です。あくまで神社に詣でるというおごそかな気持ちで散策してください。

また閑静をみだす行為は厳につつしみ、参拝作法とマナーをお守りください。

スポンサーリンク

【貴重な御朱印】を拝受いたしました

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)の御朱印

梅の刻印が特徴的です。

※初穂料志納。

御朱印は「料亭青柳でいただけます」

長崎市では知らない人がいない、とある有名人に対応していただきました。

「梅園身代り天満宮」から距離250m、徒歩5分。駐車場なし。

✔事前に電話予約しておくのが確実です。

 場所は?

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)

入り組んだ住宅街のなかにある小社なので、土地勘のない方にはやや難所です。

そのため、事前に地図でよく確認してください。

住所長崎県長崎市丸山町2-20

駐車場なし

最寄りのコインパーキング【TOP24パーキング丸山町】

路面電車でのアクセス

最寄りの電停:「崇福寺」

※距離400m、徒歩6分。

ご祭神

菅原道真、宇賀御魂神(稲荷社)

沿革(歴史)

お社のいわれ

 ここの天満宮は、元禄十三年(1700)丸山町乙名安田次右衛門によって創建され、以降丸山町の氏神様として親しまれています。

 元禄六年(1693)安田次右衛門が二重門(現丸山交番付近)にて、梅野五郎左衛門に襲われました。そして、自邸に担ぎ込まれたが不思議なことにどこにも傷が無く、身代りに庭の天神様が血を流して倒れていたそうです。その後、この天神様を身代り天神様と呼ぶようになりました。

 そのほか明和安永年間(1770年頃)より、この場所は長崎奉行の許しにより芝居や見世物、相撲の興行が行われるようになり、また、花町に接していることから、遊女や芸者さんが多く参拝していました。さらに明治三一年(1898)社殿大改修の際には文人墨客により天井絵を奉納されています。

 また、第二次大戦時、丸山町の出征を命ぜられた者は必ず参拝したそうですが、身代り天神によりすべて無事に帰還したそうです。

引用 :丸山自治会の案内看板より

「例大祭」(ながさき丸山華まつり)

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)、例大祭丸山くんち(丸山華まつり)、長崎検番踊り
梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)、例大祭丸山くんち(丸山華まつり)、長崎検番踊り 梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)、例大祭丸山くんち(丸山華まつり)、長崎検番踊り

11月上旬の土日2日間開催。

通常では見る機会がほとんどない「芸妓衆による長崎検番踊り」が、梅園身代り天満宮で奉納されます。

丸山華まつり(長崎市)、花魁道中
丸山華まつり(長崎市)、花魁道中 丸山華まつり(長崎市)、花魁道中

丸山華まつりもう一つの目玉は「花魁道中」

花街時代にタイムスリップしたかのように忠実に再現される「花魁道中」は、数えきれない観衆が花魁の一挙手一投足に注目する一大イベントです。

黒塗りの高下駄を履いて、八の字を描いて歩くさまを特とご覧ください。

梅の名所

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)の梅

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)の梅 梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)の梅 梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)の梅

天満さまの必須アイテムと「梅」。2月を迎えると15本の梅が境内をカラフルに彩ります。


次は、いよいよ境内巡りです。


【1】「長崎ぶらぶら節の文学碑」

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)、長崎ぶらぶら節の文学碑

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)、愛八

故なかにし礼氏による小説「長崎ぶらぶら節」は、吉永小百合さん演じる丸山芸奴 愛八を主人公に映画化され、その1シーンで梅園身代り天満宮が登場します。

実際に愛八も足繫く参拝した同天満宮には、なかにし礼氏が揮毫した記念碑が建立され、長崎ぶらぶら節ファン恰好の撮影SPOTとなっています。

民謡 長崎ぶらぶら節に登場する梅園身代り天満宮

遊びに行くなら花月か中の茶屋

梅園裏門たたいて 丸山ぶらぶら

ぶらりぶらりと云うたもんだいちゅう

歌詞に登場する梅園が、梅園身代り天満宮を指します。

民謡『長崎ぶらぶら節』は、幕末の嘉永末から安政年間にかけて誕生した、主に丸山遊郭で歌われていたお座敷歌でした。

大正の頃には人々の記憶から消えていた『長崎ぶらぶら節』。それをレコードに吹き込み、世へ発信したのが愛八だったのです。

【2】「鳥居から御神橋」

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町) 梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)

冒頭の白塗りの鳥居には文政2年の年号が刻まれ、歴史の深さを物語ります。

拝殿前の「御神橋」は、2007年に再建された石橋です。

【3】「拝殿」

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)の梅

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町) 梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)

拝殿を前に参拝します。

【4】「七力稲荷神社」

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町) 梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)

末社でお馴染み、稲荷神社へも参拝を済ませます。

【5】「歯痛狛犬」

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)、歯痛狛犬

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)、歯痛狛犬 梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)、歯痛狛犬

身代り天満宮ならではの縁起もの「歯痛狛犬」。

初代の狛犬は天保11年(1840)に、現在のものは3代目で、昭和12年(1937)に奉納されました。

歯痛に苦しむ人が狛犬の口に水飴を含むと、身代わりとなって痛みを霧散してくれるそうです。

狛犬の口いっぱいに飴が入られた狛犬さま。ありがたい存在ですが、どこかユーモラスです。

【6】「撫で牛」

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)、御神牛(撫で牛)

天満宮には欠かせない「臥牛」(御神牛)。

自身の痛みを感じる箇所と、臥牛と同じ部分を交互に撫でてみましょう。すると痛みが和らぐことから、「撫で牛さま」と呼ばれて崇敬されています。

【7】「ぼけ封じ牛」

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)、ぼけ封じ撫で牛

もう一体の「臥牛」(御神牛)は、触れるとボケ防止となる「ぼけ封じ牛さま」です。

【8】「梅塚」

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)、梅塚

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)、梅塚 梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)、梅塚

明治40年頃まで遊女や芸奴が頻繁に参拝していた梅園身代り天満宮。

丸山の遊女・芸者が、家で食べた梅の種を天神さまの化身として、参拝のたびに持参して収めたのが「梅塚」です。

【9】「天満宮の扁額」

梅園身代り天満宮(長崎市丸山町)

天満宮の文字を指でなぞると字が上達する変額。

以上のように、コンパクトな境内に、所狭しと個性的な縁起ものが鎮座しているのが見て取れます。

丸山遊女・芸者とともに歴史を歩んできた梅園身代り天満宮。

他に類を見ない個性的な天神さまをご参拝ください。

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします。 (観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。 特にまとめ・キュレーションサイト、アフィリエイトブログによる画像の盗用については、断固とした対応をとります。

詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image