「よこはま思案橋店」で【長崎ちゃんぽん & おすすめメニュー7品】を実食!

長崎ちゃんぽん放浪記:第46回

横浜じゃない「よこはま」に、…芸能人が!…大挙!…来店ッッ!

よこはま 思案橋店 (長崎市本石灰町)の有名人のサイン よこはま 思案橋店 (長崎市本石灰町)の有名人のサイン

藤井フミヤ 福山雅治 井上陽水 ゲスの極み乙女。 平原綾香 友近 氷川きよしetc

アッチョンブリケ!!!(Google翻訳:驚愕ッッッ!!!)

なんちゅう、芸能人ご用達店。長崎市内のちゃんぽん店では、「江山楼」、「四海楼」の両巨頭を除けば、これに伍するのは「思案橋ラーメン」「じゅん食堂」ぐらいだろう。

筆者の評価?中華街、四海楼以外で、「王道系ちゃんぽん」を食べたいのなら推薦する最有力候補です。

んじゃ、「よこはま」には我が家のように通ったので、おすすめメニューとともに解説します!

(芸能人さんの敬称略。ソーリーです)。
スポンサーリンク

 よこはま(思案橋店)の「営業時間」・「定休日」【深夜まで営業】

【昼】11:00~15:00

【夜】16:30~翌2:00(L.O.1:30)

火曜日(祝祭日の場合は前後にずれる)

思案橋横丁のネオン よこはま 思案橋店 (長崎市本石灰町)

「よこはま 思案橋店」(※以下、「よこはま」と省略)が暖簾を構えるのが、「思案橋横丁」と呼ばれる飲み屋街。軒を連ねるお店は深夜営業がデフォーで、「よこはま」も例外ではなし。

「長崎中華街」のほとんどがL.O. 20:00。よって中華街で食べ損ねた時は、即刻、直ちに、怒涛の如く「よこはま 思案橋店」へ突入すべし!

一押し駐車場「思案橋駐車場」

思案橋駐車場(思案橋、浜の町アーケード駐車場)

24時間一律30分/150円と周辺相場並ですが、場所が分かりやすく、駐車台数が大。そして、「よこはは思案橋店」まで至近距離(徒歩2分)とメリット満載です。

長崎県長崎市本石灰町6-3

駐車台数253台

 24時間営業

 • 一律    ⇒   30分/150円

 • 7:00~20:00 ⇒   最大1,000円(3時間30分以上)

 • 20:00~翌7:00 ⇒   最大800円

※22:00以降、出口精算機での1万円・5千円・2千円札、各サービス券の使用不可。

「駐車場」から「よこはま思案橋店」の徒歩ルート   (よこはま思案橋店まで130メートル、徒歩2分)

ということで「特製ちゃんぽん 1,000円」を紹介

よこはま 思案橋店 (長崎市本石灰町)の特製ちゃんぽん

13種類の具材が投入された「特製ちゃんぽん」は、1,000円ポッキリ!(おぞましいほど死語)

「長崎中華街の特製ちゃんぽん」と比べると、具材の豪華さでやや見劣りするけど、立地を考慮すればコスパは悪くなか。

よこはま 思案橋店 (長崎市本石灰町)の特製ちゃんぽん よこはま 思案橋店 (長崎市本石灰町)の特製ちゃんぽん

具材は、肉魚介系が「豚肉」、「アサリ」、「イカゲソ」、「小エビ」、「カマボコ」。「アサリ」からの出汁がヨーーー効いとる。

野菜が「キャベツ」、「タマネギ」、「もやし」、「キクラゲ」のいつもの奴に、「インゲン」、「タケノコ」、「ベビーコーン」。

「ベビーコーン」と「タケノコ」がシャキシャキ食感担当で、結構強く主張してきます。

キャベツ、もやしの量をもうちゃいカモーンって感じ。

スープ:鶏ガラ、豚骨ブレンドの王道系

よこはま 思案橋店 (長崎市本石灰町)の特製ちゃんぽん

よこはまの「ちゃんぽんスープ」は、華僑が経営する四海楼・長崎中華街の伝統に連なる「鶏がらメイン・豚骨アクセントの王道クリーミータイプ」。これに海鮮類、特にアサリの出汁が加わり、コク豊かに仕上がっています。

これに塩コショウがやんわり効いていて、ちょいスパイシー。

うぬ!これならエエもんたらふく食っている芸能人たちを唸らせるのも納得なのじゃ!

よこはま 思案橋店 (長崎市本石灰町)の特製ちゃんぽん 「ちゃんぽん麺」も、中麺・柔め・唐灰汁ガッツリの王道ど真ん中。

ちゃんぽんスープとの相性バッツグンで、箸がグイグイ進むZ(ぜっ)!


特製ちゃんぽん総評

強烈なファーストインパクトには欠けるけど、食が進むごとに芳醇なウマ味がジュンジュワワ~~と広がる余韻堪能系。

街のちゃんぽん屋と比べると高めの値段設定ですが、長崎中華街基準からすれば同等か、やや安価。立地を考慮すれば、コスパは悪くないです。


おすすめメニュー7品大大紹介

【1】「特製皿うどん(細麺) 1,000円」

よこはま 思案橋店 (長崎市本石灰町)の特製皿うどん
よこはま 思案橋店 (長崎市本石灰町)の特製皿うどん

一口パクリンチョすると……

ヒョォォォオオオオーーーーォオ!甘めぇぇーー!!

キタコレ、これこそ王道皿うどん(歓喜!)。

長崎中華街さえも昨今の健康志向に忖度(そんたく)して、甘さ控えめな皿うどんが増えているが、「よこはま」だとそんなもんポイッだ!

「濃厚で甘い餡」と「ウスターソース」とのマッチングが最高。

具材は、特製ちゃんぽんと同じです。

【2】「東京焼きそば 980円」

よこはま 思案橋店 (長崎市本石灰町)の東京焼きそば

「なぜか東京焼そば「よこはま」に有り」(メニューの説明より)。

ふぬっ!

「長崎のよこはま」に置いてある「東京」焼きそば。

「紹介する際は、この一文を使え」と言わんばかりの文言。

さっそく忖度(そんたく)して使わせてもらいました。

「忖度」(そんたく)が言いたいだけじゃないんだから!

醤油ベースの餡は、濃いめの味付けで、蒸し焼いた麺とよく合います。酢との相性も良好。

【3】「上海焼そば 980円」

よこはま 思案橋店 (長崎市本石灰町)の上海焼そば

ちゃんぽん・皿うどんに次ぐ「よこはま」の人気メニュー。

料理と一緒に酢醤油がつきてきますが、麺にソースが染みているので、なくても美味しく食べられます(かけても味チェンできてイケます)。

蒸した細麺がもちもちしていて、喉ごし良好。アサリ、イカ、小エビ、豚肉、ゆで卵、そしてお野菜たちと具材も豊富です。

【4】「スーパイコ 1,250円」

よこはま 思案橋店 (長崎市本石灰町)のスーパイコ

豚肉がゴロゴロと8個入ったスーパイコは、フルーティさはほどほどで、ヘビーな味付け。ビールのお供にどうぞ。

パイナップル入りなので、そこは賛否が分かれるかも。

【5】「角煮まんじゅう(トンポーロウ)」

よこはま 思案橋店 (長崎市本石灰町)の東坡肉(トンポーロウ)、豚の角煮まんじゅう

長崎名物の角煮まんじゅう・よこはま版は、肉厚な豚の角煮に、ふかふか饅頭がランデブー。

皿に添えられているチンゲンサイは、ソースをたっぷりつけて挟みましょう。

【6】「チャーハン」&「中華丼」ともに710円

よこはま 思案橋店 (長崎市本石灰町)の炒飯(スープ付き) よこはま 思案橋店 (長崎市本石灰町)の中華丼(スープ付)

「チャーハン」:ボリューム充分ですが、もうちょいパラパラ感が欲しかったです。

「中華丼」:餡が甘濃いです。

飲み屋街のお店なので、メニュー全体的にドッカリ系の味付け。

内観チェック

ちゃんぽん・皿うどん以外にも、中華の一品料理を豊富に揃え、コース料理も用意してある「よこはま」ですが、1階の内装は大衆食堂の趣き。

その1階が、四人掛けのテーブル席×4、二人掛けのテーブル席×2となっており、ピーク時でも席を確保できる確率が高いです。

なお、2階は団体用となっています。

接客:地元民のみならず、観光客の比率も高い人気店なので、ホールスタッフはばりばりサバけます。愛想も良かとです。

「よこはま 思案橋店」 まとめ

康楽(カンロ)・長崎市本石灰町、思案橋横丁のソボロちゃんぽん
「康楽のソボロちゃんぽん」

「康楽(カンロ)」とどっちに行けばイイノ?

同じ「思案橋横丁」にある有名ちゃんぽん店「康楽(カンロ)」と、「よこはま思案橋店」のどちらをチョイスするか、判断基準をサラッと述べます。

ちゃんぽんの味の決め手となる「スープ」は、「よこはま」が鶏ガラ・豚骨ハイブリッドのクリーミー系。それに対し「康楽(カンロ)」は鶏ガラ100%のさらりコクうま系です。どちらがウマいと感じるかは、個人の嗜好によって変わるでしょう。

決定的なのは「1階の席数」で、「康楽(カンロ)」が四人掛けのテーブル席×4に対し、「よこはま」はテーブル席で倍近くと大差をつけています。

よって席を確保しやすいのは、確実に「よこはま 思案橋店」です。

ということで、〆の感想にイこーか!

「よこはまさん、バリッ旨か!!ごちそうさんした」。

【食レポ史上…かつてない衝撃ッ…!!】

【長崎中華街のちゃんぽんを、全店制覇したんで…】

長崎新地中華街のちゃんぽん

  

後悔させません!

「長崎中華街のちゃんぽん」【全店実食した地元民がオススメする15選】
【中華街のちゃんぽんを全店食ったどーーーッ!】。「ガチまとめ」を見たいの?だったらココッ!

店舗情報

店名中華料理よこはま 思案橋店
公式サイト長崎・中華料理よこはま
住所長崎県長崎市本石灰町2-20
ジャンル長崎ちゃんぽん、皿うどん/中華
駐車場なし
問い合わせ050-5570-5384

  1. 味や店への評価は、個人の見解です。
  2. 当サイトでの掲載情報は、時間の経過とともに変化する場合があります。
スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image