稲佐山の遊歩道【展望台まで迷わず行けます!】(徒歩20分)

「稲佐山展望台」まで1.5キロ歩く「遊歩道」。その道のりをFullエスコート!【2018年最新版】

冒頭で遊歩道ガイドします。

「稲佐山 遊歩道」とは:「稲佐山 中腹駐車場」から「稲佐山の山頂展望台」までに整備された徒歩コースです(距離1.5キロ)。

現地到着したら、記事を開いて「地図」&「写真付きガイド」を確認します。そして各所に設置されている「案内板」と照らし合わせて向かえば、「山頂展望台」まで迷わず行けますッ!

では、実際に「遊歩道」を歩いて、「稲佐山展望台」まで行きましょう。

「稲佐山 遊歩道」の活用法については、目次をクリック!【意外に有益?】

「稲佐山 遊歩道」の地図はコチラ

※2019年7月末(予定)まで、斜面輸送施設(スロープカー)の建設工事が行われるので、従来の遊歩道は閉鎖されています。そのため、道路沿いの路側帯が徒歩ルートとなります。

距離約1.5キロ、徒歩片道20分の道のりで、往路は終始緩い登り坂です。

稲佐山中腹駐車場(長崎市)稲佐山展望台への歩き方(遊歩道)

最初に、「中腹駐車場」から東北に通じる「遊歩道の出発点」を歩いていきます。

中腹駐車場から西側の「遊具」&「噴水」のある公園。そこから階段を登ればある「鉢巻山展望台」とお間違いなきように!

稲佐山展望台への歩き方(遊歩道)

鹿放牧場(稲佐山公園) 稲佐山公園の猿舎のニホンザル

階段を上がれば、右手に「鹿放牧場」が視界に入ります。さらにその奥には「猿舎」もあり。餌やり(有料)もできるので、お子様連れやカップルは立ち寄られてはいかが。

稲佐山展望台への歩き方稲佐山展望台への歩き方

さらに進んで短い階段をあがれば、稲佐山展望台までの道路の路側帯となります。ここまでくれば、後は道路に沿って登っていくだけです。

車が頻繁に往来するので、必ず路側帯内を歩いて展望台まで向かってください。

稲佐山展望台への歩き方稲佐山展望台への歩き方稲佐山展望台とテレビ塔稲佐山山頂展望台

はい、到着。やや距離はありますが、程度な運動になります。

なお、ガードレールに電灯が設置されているので、懐中電灯は不要です。

「遊歩道」の活用法とは?【意外に多い】

稲佐山山頂駐車場(満車) 稲佐山展望台への歩き方(遊歩道)
満車状態がつづく夜の山頂駐車場 稲佐山の遊歩道

「稲佐山 中腹駐車場」から距離1.5キロ先にある「稲佐山の山頂展望台」までを歩く「稲佐山 遊歩道」。

「夜景を見に来たのに、何でそんなに歩くの?何それ罰ゲーム??」と疑問に感じる方もいるかも。

「そりゃそうだ」ですけど、問題は「稲佐山の山頂駐車場」の駐車スペースが40台分にしかなく、需要にまったく追いついていないこと。ですので

【ケース1】

平日でも、夜のピークには山頂駐車場の満車状態が続く⇒

だったら中腹駐車場に停めて、遊歩道を歩いた方が早い

稲佐山駐車場でのタクシーの渋滞

理由はタイトルのまんまです。「山頂駐車場ゲート上」で立ち往生するより、「中腹駐車場(無料)」に停めて、遊歩道で山頂展望台まで歩いた方が効率的です。

まずは次のサイトで、「山頂駐車場」の空車/満車情報を確認しつつ稲佐山山頂に向けて車を走らせてください。

稲佐山展望台への車の行き方

「iPosNetリアルタイム駐車場情報」で、満車マークがついている場合の注意点:「中腹駐車場」との分岐道からのゲート前100メートルは、一方通行となっており、Uターンできません。

そのため、そのままゲート前の道路に侵入せずに、車の渋滞具合を確認します。そして

• ゲート前で駐車場が空くまで待つ

• 「中腹駐車場(無料)」に停めて、山頂展望台まで遊歩道を歩いて行くか

のどちらかを選んでください。

【ケース2】

土曜日、GW、連休には、「中腹駐車場」から「山頂駐車場」までのシャトルバスが運行される⇒

ところが、シャトルバス乗り場で長蛇の列が。だったら、遊歩道を歩いた方が早い

稲佐山シャトルバス
無料シャトルバス

「山頂駐車場」は、土曜日、GW、連休には、一般車の夜間入場規制が敷かれます。

• [10-3月/ 17:30~21:30]

• [4月-9月/18:30~22:30]

※そのため夜間規制中には、「中腹駐車場(無料)」に車を停め、「無料シャトルバス」で山頂展望台まで行くことになります(約20分毎の運行)。

「だったらシャトルバスを利用すればイイじゃん」と思うでしょう。通常ならそれで正解。

しかし、問題はGWや3連休の中日、夏休みなど超繁忙期。

この時期だと、30分かそれ以上、シャトルバスに乗れずにバス停で待ちぼうけをくらうハメになります。

なんとも恐ろしい。

稲佐山中腹駐車場での行列

ハイ、証拠写真。この長蛇の列でシャトルバスを待つぐらいだったら、遊歩道を歩いた方が断然マシです。

【ケース3】

稲佐山展望台までの交通手段が「路線バス」

稲佐山行き路線バス

長崎駅からの往復運賃が340円と他の比べバカ安な「路線バス」。

ただーし、山頂の「稲佐山展望台」まで行かず、1キロ手前の「稲佐山バス停」までの運行です。 「稲佐山バス停」⇒「稲佐山展望台」までは、

  1. 「中腹駐車場」から土日夜間のみに運行される「無料シャトルバス」に乗る。
  2. 「遊歩道」を徒歩20分で踏破する
の2択となります。

「路線バス」のバス停、時刻表、稲佐山バス停からアクセス方法など、詳しくは以下の専門サイトをご覧ください。

「稲佐山の夜景」を200%満喫【すべての答えがココにあるッ!】

長崎・稲佐山の夜景

お疲れ様でした。到着した「稲佐山展望台」で、大混雑をスルーし、段違いにキレイな夜景を見るテクニックはコチラ!

【画像をポチッとな!】

稲佐山の夜景【一番キレイ&混雑回避の鉄壁時間】で満足度MAX!
「長崎の夜景」の代名詞は「稲佐山展望台からの夜景」。 しかーし、夜の展望台は大観衆でギュウギュウ状態。そんな所にノホホーンと来れば、地獄の待ち時間を喰らいます。それを回避し、一生モノの思い出にするための秘訣を大公開!

ではでは~良い旅を~~

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。

詳しくは「転載、引用について」をお読みください。


トップへもどる

Copyrighted Image