稲佐山行き路線バスは【料金バカ安】|バス停の場所&時刻表付き

稲佐山への路線バスでの行き方

夜景目的には向いてません。何故なら、

路線バスは中腹までで、山頂展望台まで行かないから

稲佐山展望台までの数ある交通手段のなかでも、段違いに格安なのが「路線バス」。「長崎駅バス停」からだと驚きの往復340円!

ちなみに、タクシーは約3,000円、夜景見学バスツアーが1,500円、ロープウェイだと1,230円+αとなります(すべて往復運賃)。つまり、圧倒的、圧倒的っなまでにバカ安。

ただーし、超A級に面倒くさいです。中腹の「稲佐山バス停」までしか運行しないこと以外にも、冬期期間中(12月中旬~翌年3月中旬)になると、運行が休止され冬眠に入ります。まるで爬虫類です。

こんな中二病並に面倒くさい路線バス。ですが、時間に縛られないスロートラベルを好む方には需要があるかも。ということで、さっそくご案内にいきまーす!

【重要】「稲佐山バス停」から「稲佐山展望台」までのアクセス方法

既述通り路線バスでは中腹の「稲佐山バス停」までしか運行しません。その「稲佐山バス停」から「稲佐山展望台」までは、

  1. 「稲佐山バス停」そばの「中腹駐車場」から「稲佐山展望台」まで送迎する「無料シャトルバス」を利用する

    ※運行は土日、連休の夜間に限定。

  2. 徒歩15分かけて遊歩道を踏破する。
の2方法となります。路線バス利用をお考えの際は、このことをまず念頭に置いてください。

「無料シャトルバス」の運行日&運行時間

 始発最終
夏季運行時間(4月~9月) 18:30 22:05
冬季運行時間(10月~3月) 17:30 21:05
※おおよそ20分間隔で運行

※末尾に、「稲佐山バス停」~「稲佐山展望台」or「シャトルバス乗り場」への歩き方を、写真付きでガイドしています(徒歩15分)。

 稲佐山行き路線バスの時刻表【長崎バス】

リンク先の
  1. 土日祝:「4 中心部線」⇒「稲佐山-愛宕町-田上・唐八景・茂木線」
  2. 平日:「5 中心部線」⇒「稲佐山-愛宕町-田上・唐八景・茂木線」
稲佐山バス停までの時刻表となります。おおよそ1時間に1or2便が運行されています。

利用バス「長崎バス4 or 5番系統(稲佐山行き)」
降車バス停「稲佐山」バス停
片道運賃:長崎駅バス停から170円
 〃        :浜の町バス停から200円
 〃        :大波止バス停から200円
※2018年11月時点での料金です。

主要バス停の場所【唐八景、浜の町、長崎駅前etc】

※観光客向け:第一に「長崎駅前」、次いで長崎中華街から徒歩3分の「浜の町バス停」が、乗車バス停に適していいます。

復路の便は必ず「長崎駅前」を通りますので、帰路の際に役立つます。

「稲佐山バス停」から「稲佐山展望台」&「シャトルバス乗り場」までの歩き方【写真付き】

稲佐山行き路線バス

それでは、「稲佐山行きバス」に乗車してスタート。

稲佐山バス停 稲佐山展望台への歩き方
稲佐山展望台への歩き方

ゆらゆら揺られて「稲佐山バス停」に到着!「稲佐山展望台」までのルート地図がデカデカと掲げられているので、まずはチェックしましょう、

【ルート1】「シャトルバス乗り場」への歩き方

稲佐山への歩き方

最初は「稲佐山バス停」からほど近い「シャトルバス乗り場」のルート紹介から(「シャトルバス乗り場」は「稲佐山公園」内の中腹駐車場奥にあります)。

バスから下車したら、写真の矢印に沿って、ギュルンと旋回し遊歩道を降りていきます。

稲佐山への歩き方

すぐに「稲佐山展望台」と「シャトルバス乗り場」の分岐路となるので、右折します。

稲佐山公園への行き方

階段を降りれば…

稲佐山中腹駐車場

中腹駐車場に到着。

稲佐山中腹駐車場のバス停

中腹駐車場の奥に「シャトルバス乗り場」が設けられています。

稲佐山シャトルバス

土日・連休の夜間限定ですが、この乗り場から無料シャトルバスで稲佐山展望台まで運んでくれます。

シャトルバス運行日を再度ペタっとな。

【ルート2】「稲佐山展望台」までの歩き方

次は「稲佐山展望台」までの歩き方となります。

2019年7月末(予定)まで、斜面輸送施設(スロープカー)の建設工事が行われるので、従来の遊歩道は閉鎖されています。そのため、道路沿いの路側帯が徒歩ルートとなります。

距離約1キロ、徒歩片道15分の道のりで、往路は終始緩い登り坂です。

※Googleマップのルートでは、駐車場ゲートを突っ切るコースを案内しています。大変危険なので、遊歩道が整備された迂回ルートを紹介します。

稲佐山への歩き方

バスから降車したら、急旋回して降っていきます。

稲佐山への歩き方

鹿放牧場(稲佐山公園) 稲佐山公園の猿舎のニホンザル

シャトルバス乗り場との分岐路になるので、矢印に沿って左折します。

すると右手に「鹿放牧場」が視界に入ります。さらにその奥には「猿舎」もあり。餌やり(有料)もできますし、お子様連れやカップルは立ち寄られてはいかが。

稲佐山展望台への歩き方稲佐山展望台への歩き方

さらに進んで短い階段をあがれば、稲佐山展望台までの道路の路側帯となります。ここまでくれば、後は道路に沿って登っていくだけです。

車が頻繁に往来するので、必ず路側帯内を歩いて展望台まで向かってください。

稲佐山展望台への歩き方稲佐山展望台への歩き方稲佐山展望台への歩き方稲佐山展望台とテレビ塔稲佐山山頂展望台

はい、到着。やや距離はありますが、程度な運動になります。

なお、ガードレールに電灯が設置されているので、懐中電灯は不要です。

稲佐山の夜景鑑賞【とんでもなく役立つガイド】

稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」からの新世界三大夜景認定、長崎の夜景

お疲れ様でした。稲佐山に行き尽くした筆者プレゼンツ【満足度200%保障!夜景鑑賞の徹底攻略】をどうぞ!

稲佐山の夜景【一番キレイ&混雑回避の鉄壁時間】で満足度MAX!
「長崎の夜景」の代名詞は「稲佐山展望台からの夜景」。 しかーし、夜の展望台は大観衆でギュウギュウ状態。そんな所にノホホーンと来れば、地獄の待ち時間を喰らいます。それを回避し、一生モノの思い出にするための秘訣を大公開!

ではでは~良い旅を~~

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。詳しくは「転載、引用について」をお読みください。


トップへもどる

Copyrighted Image