「金比羅神社の紅葉」(長崎市)【ハイキングがてらに堪能!】~見頃・駐車場は?

金比羅神社の紅葉(長崎市)
金比羅神社の紅葉(長崎市) 金比羅神社の紅葉(長崎市)

長崎市内の紅葉SPOT神スリーに次ぐ穴場。それが「金比羅神社」

オススメ度では、「心田庵」「迎仙閣」「妙光寺」のビック3に次ぐ中堅クラス。

口から泡吹いて悶絶するほどではないけど、見頃だと「うぁぁぁ―――ア、キレェェエ!」と感嘆の声が漏れる美しさ。

「金比羅神社」までは、ちょいとしたハイキングコースとなるけど、大した距離ではないので運動不足の方でも大丈夫(モルモットは筆者自身)。

公的な見頃情報は発信されないし、ブログなどでの情報にも乏しいため、ピンポイントで見頃に訪れるのは至難の業。といーことで、運動がてらに金比羅神社詣でを重ねて、紅葉の色づき具合を段階的に確認しては如何でしょう。

その「金比羅神社」の「見頃」から「駐車場」、「周辺SPOT」をキレイな写真とともにガイドします!

スポンサーリンク

例年の見頃は?

11月下旬~12月上旬

※気候、気温条件などにより、見頃が大幅にずれる場合があります。

公式サイトによる見頃情報の発信はありません。

金比羅神社へのアクセス

駐車場は?

参拝客・登山客専用の駐車場はありません。

立山公園の駐車場が最寄りですが、公園利用者用の駐車場となっており、参拝客・登山客は利用できません。

立山公園(長崎市)の駐車場

立山公園の駐車場

駐車場の施錠時間です。12月~2月には若干留意しましょう。

なお、駐車料金は無料でTOILETあり。

「公園駐車場の場所」と「金比羅神社までの徒歩ルート」です(距離約1キロ、片道20分)。

運動不足なら程よいウォーキングになります。

重ねて申しますが、参拝客は駐車するなよ!絶対にするなよ!でございます。(ダチョウ倶楽部のネタ振りではありません)。

路線バス

長崎駅からの乗車方法はコチラで(便数・時刻表分かります)!

※「立山公園口」より、一つ先の「東高下」バス停の方が、金比羅神社には近いです。

ではでは金比羅神社へ紅葉狩りGO!

金比羅山(長崎市)の登山、トレッキング

「長崎のキレたチェーンソー」と恐れられたような、そうでもないような子供時代に、ハイキングでよく通った歩道ッス。なつかしぃ。

ハイキング後は、立山公園のローラースライダーで遊び尽くすのが定番コースだったのだ。

金比羅神社の紅葉(長崎市) 金比羅神社の紅葉(長崎市)

路傍の花を愛でつつ、ゆるゆると進みます。

金比羅神社の紅葉(長崎市)

二の鳥居でパシャリ。

金比羅山・金刀比羅神社(長崎市)

石段を登り切って、参道を数分進めば…

金比羅神社の紅葉(長崎市)

ハイ、目的地「金比羅神社」に到着!

由来書によれば、弘仁年間(820年)に神宮寺が創建され、明治維新(1868年)に金比羅神社と改称。

江戸時代には長崎奉行、華僑から厚い崇敬をうけた由緒深きお宮です。

金比羅神社の紅葉 フォト集

金比羅神社の紅葉(長崎市)

紅葉の回廊を通り抜けます。

金比羅神社の紅葉(長崎市)

不自然に一枚だけ落葉したヤオ感満載な構図(ヤ、ヤ、ヤらせじゃナイんだから!)。

金比羅神社の紅葉(長崎市) 金比羅神社の紅葉(長崎市) 金比羅神社の紅葉(長崎市) 金比羅神社の紅葉(長崎市)

境内西側には立派な竹林が生い茂っています。

金比羅神社の紅葉(長崎市)

表紙に採用した渾身の一枚。本殿裏手から激写したZ(ぜっ

金比羅神社では、拝殿・本殿をぐるっと囲む形で、紅葉エリアが広がっています。

コンパクトな紅葉SPOTですが、その分ギュッと魅力が凝縮されているのが特長。

見頃だったら、必ず満足できます(力説)。

神社周辺を散策しましょう

【1】「琴平神社」

金比羅山(長崎市)の登山、トレッキング途中の金星観測碑金比羅山・金刀比羅神社(長崎市)
金比羅山・金刀比羅神社(長崎市) 金比羅山・金刀比羅神社(長崎市) 金比羅山・金刀比羅神社(長崎市)

金比羅神社の紅葉(長崎市)

金比羅神社の拝殿前から短い坂段をあがれば、すぐに琴平神社が鎮座しています。

琴平神社名物、珍狛犬を愛でつつ参拝しましょう。

【2】「長崎金星観測碑・観測台」

金比羅山(長崎市)の登山、トレッキング途中の金星観測碑金比羅山(長崎市)の登山、トレッキング途中の金星観測碑金比羅山(長崎市)の登山、トレッキング途中の長崎金星観測碑・観測台金比羅山(長崎市)の登山、トレッキング途中の長崎金星観測碑・観測台

この記念碑は、明治7年(1875)12月9日、フランス科学院長の天文学者ジャンサン氏一行が、太陽面を通過する金星の観測に成功した喜びを記念するために、氏の要請を受けて山田与四郎氏が建てたものである。

仏文の碑文は「惑星、金星通過を観測したのはこの位置においてである。1874年12月9日フランス天体学者ジャンサン科学院総裁」と刻んである。

この日は、人類が、この現象を観測した第4回目であり、この金星観測碑は、国際的にも意義深い文化財である。

引用長崎市│長崎金星観測碑・観測台

三角形の記念碑が「長崎金星観測碑」です。

最後の写真が「金星観測台跡」。「長崎金星観測碑・観測台」は、県指定史跡。

金比羅山・金星観測記念碑広場の展望台

金星観測記念碑広場の展望台は、老朽化のため立入禁止。

金比羅山・金星観測記念碑からの長崎の夜景

立入禁止前に撮った夜景。グレートだぜぇ~~。

【3】「ドンク(蛙)岩」

金比羅山(長崎市)の登山、トレッキング

「長崎金星観測碑・観測台」を見物し終えたら、「ハタ揚げ広場」へ向かいます。

広場前のTOILETは清潔キレイです。

金比羅神社の紅葉(長崎市)金比羅神社の紅葉(長崎市)金比羅山(長崎市)の登山、トレッキング

「ハタ揚げ広場」から「ドンク(蛙)岩」までの坂段をガシガシ進みましょう。

金比羅山(長崎市)の登山、トレッキングのドンク(蛙)岩

到着!蛙クリソツだがや~~~(スットボケ

秋空の下で「紅葉狩り」&「プチハイキング」を堪能したら帰路につきます。

金比羅山・金刀比羅神社(長崎市)

世俗の垢をキレイさっぱり流し終えた一日となりました。

金比羅神社と周辺SPOTの場所

確約はできませんが、今年の見頃情報をなるべくお届けします(できなかったら申し訳ありません)。

ではでは~

基本情報

会場
金比羅神社(金刀比羅神社)
所在地
長崎県長崎市西山1丁目938
紅葉の規模
 
問い合わせ
常世の国の大物主神まで

本稿の執筆、すべての写真撮影(マイマップの写真含):当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。

詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

特にまとめ・キュレーションサイト、アフィリエイトブログによる画像の盗用については、断固とした対応をとります。
スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image