「長崎 新地中華街のライトアップ」~頭上にキラめく夢幻の中国世界

長崎新地中華街の中華電飾

チェックポイント日本三大中華街の一角「長崎新地中華街」。街を通る250メートルの十字路には、中華料理店など約40店舗が軒を連ねています。

夜になれば、頭上にキラめく極彩色な中華電飾。そして、ライトアップされた中国門との艶やかな競演。

壮麗豪華な店の玄関に立つ愛らしい中国狛犬や、三国志の関羽像を眺め歩けば、夢幻の中華世界がひろがります。

新地中華街がライトアップされる時間

毎夜:日没~夜10:00「前」

消灯時間は厳密ではありません。

ベストな記念撮影pointは?

ライトアップされた長崎新地中華街の北門(玄武門)

中華門の北門(玄武門)がイチバンです。北門の後ろに建つ「会楽園」と「京華園」が中国宮廷風のド派手なデザインなので、ガッチリ絵になります。

ファンシーな中華電飾【招福万来】

長崎新地中華街の中華電飾

中華街の頭上を埋め尽くす幻想的な中華電飾も、夜の中華街の名物。

長崎新地中華街の中華電飾 長崎新地中華街の中華電飾

中国の伝承をモチーフにして、龍や鯉、仙人じぃさんなど縁起の良いものが描かれています。

それが十字路の空にズラァーーーーッと飾られています。ココはもはやパワースポット!運気をグイグイッ上昇させてください。

豪華絢爛な中華建築【ココは中国?】

ライトアップされた長崎新地中華街の西湖 新地中華街、江山楼のライトアップ 長崎新地中華街・京華園の狛犬の意匠

各中華料理店の意匠(デザイン)は、本場中国の資材を用いた宮廷風となっています。その豪華絢爛さは一見の価値ありまくり。

会楽園(ランタンフェスティバル)

異国情緒、100万点!

出島とはしごしよう!【徒歩10分】

ライトアップされた出島

中華街から徒歩10分の「出島(出島和蘭商館跡)は、夜9:00まで営業しています。近距離なので夜の観光地巡りにピッタシです。

出島への入園は、大人510円と有料。ですが、1万3500個ものLED電球をもちいて、明治時代のレトロチックな出島を再現しているので、かなーりオススメ!

「出島の夜間開園」をパーフェクトにまとめた記事はコチラ。

「出島の夜間ライトアップ」 ~とんでもなく役立つガイド【必見!】
毎夜21:00まで営業している「出島」。丸々もとお氏によって、あえて光量をおさえレトロチックにライトアップされた光景は、なんとも幻想的。建物内部やミニ出島も見学できますので、十二分のお得感。この夜間開園の出島を、完璧にFullガイドしました!

長崎中華街のライトアップ まとめ

新地中華街で店頭販売される角煮まんじゅう(ランタンフェスティバル)

中華街の路地では、角煮まんじゅうや肉まんなどが店頭販売されていて、せいろからもれる芳醇な香りに誘惑されっぱなし。それら点心を頬張りながら、夜の中華街を散策するも良し。

江山楼の王さんの特上ちゃんぽん
江山楼の特上ちゃんぽん

もしくは、本場の長崎ちゃんぽん&本格中華料理に舌鼓をうった後に、ぶらり歩くのもイイヨ。

ランタンフェスティバルでの新地中華街

新地中華街のライトアップ。その究極版は冬の「ランタンフェスティバル」。中華街を極彩色に染めるランタン群は、非日常の極致。これは見ものですゼ、皆様方!

ということで、おしまいデス。ではでは~

基本情報

所在地長崎市新地町9 地図上の位置
公式サイトようこそ 長崎新地中華街へ
ライトアップ期間/時間帯無休 / 日没~だいたい夜10:00前まで
見物所要時間約10分
駐車場なし。周辺駐車場を利用のこと。
交通アクセス
  1. 「自動車」
    ながさき出島道路終点から400キロ、車で2分(※出島道路は有料/100円) 
    地図上のルート
  2. 「路線バス」
    最寄りのバス停:長崎新地ターミナル
  3. 「路面電車」
    最寄りの電停:新地中華街 (中華街まで230メートル、徒歩3分) ルート

長崎のライトアップSPOT全網羅!【ALL15選】

長崎のライトアップスポット(グラバー園・眼鏡橋・出島・平和公園・大浦天主堂)

グラバー園・眼鏡橋・出島・平和公園etc。長崎市でライトアップされる名所を完全網羅しました。長崎の夜を遊び倒すにはこの記事で!

長崎のライトアップを網羅!【感動保障の15選】グラバー園・眼鏡橋・出島・平和公園etc
この記事のPOINT【必見】 ご存じですか?グラバー園、出島、眼鏡橋、平和公園など、長崎市内...

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人。
画像・文章の無断転載を固くお断りします。(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります。

詳しくは「転載、引用について」をお読みください。


トップへもどる

Copyrighted Image