【ミヤマキリシマ名所】「国見岳」が絶景すぎて全俺が痙攣中!(長崎県雲仙)

スポンサーリンク

【必読です】

4月25日から5月31日まで、長崎市では外出自粛など非常事態行動が呼びかけられています。

不要不急の外出を避け、外出・飲食の際には十分な新型コロナウイルス感染対策をお願いします。

✔当記事は、過去の山行を基に執筆しています。

雲仙のミヤマキリシマといえば……、

雲仙岳・仁田峠(長崎県島原半島)のミヤマキリシマ

代名詞「仁田峠」に……、

雲仙・池の原園地(長崎県)のミヤマキリシマ 宝原園地(長崎県小浜市雲仙)のミヤマキリシマ
「池ノ原園地」 「宝原園地」

「池ノ原園地」・「宝原園地」の両頭が知られた知られた存在。

仁田峠を筆頭とするビック3は、紛れもなく、誰がなんと言おうとミヤマキリシマの名所だよ。 それはわかる……スゲーよくわかる

んがっ(ざわ…)

しかしっっ(ざわ…ざわ…)

「国見岳」がちっとも挙がらないのはどういう事だ!(憤怒)

どういう事だよッ!

クソッ! 国見岳だッ!国見岳を挙げろっていってんだッッ!!

ナメやがって クソッ!クソッ!

これがTHE グレイトフル名所「国見岳」

雲仙岳登山道(長崎県島原半島)、国見岳のミヤマキリシマ雲仙岳登山道(長崎県島原半島)、国見岳のミヤマキリシマ雲仙岳登山道(長崎県島原半島)、国見岳のミヤマキリシマ

雲仙三岳に名を連ねる標高1347mの「国見岳」。

例年5月下旬を迎えると、ミヤマキリシマが咲き誇り、山肌をカーネーションピンクに染め上げます。

雲仙岳登山道(長崎県島原半島)、国見岳のミヤマキリシマ

ミヤマキリシマの名所としてマイナーな理由は、登山道を踏破しないと拝めないから。

専用の装備と相応の体力が求められますが、満開時の光景とランデブーできれば、とり肌ものの感動を得られます。

国見岳へ登頂しよう!【登山装備が必須】

登山ルートマップ

「雲仙お山の情報館」による見頃発表


んだば、国見岳への山路へGO!


「池ノ原園地」⇒「仁田峠」⇒「国見分かれ」

雲仙・池ノ原園地駐車場の妙見駐車場雲仙・池の原園地(長崎県)のミヤマキリシマ

登山客は仁田峠ではなく、専用の池ノ原園地駐車場へ停めるのがマナーです。

ミヤマキリシマの名所「池ノ原園地」を堪能しつつ、仁田峠へ向かってください。

雲仙岳・仁田峠(長崎県島原半島)のミヤマキリシマ

雲仙岳登山道(長崎県)、妙見岳のミヤマキリシマ雲仙岳登山道(長崎県島原半島)、妙見神社

国見岳登山が主題なのでサクサク解説。

「仁田峠」⇒「妙見岳」⇒「妙見神社」へと歩を進めます。

国見別れ

雲仙岳登山道(長崎県島原半島)、国見別れ(国見岳)

「国見岳」と「普賢岳」との分岐路となる「国見分かれ」に到着したら「左折」しましょう。

雲仙岳登山道(長崎県島原半島)、国見岳のミヤマキリシマ

国見分かれ周辺からの絶景。正面中央が「平成新山」、右手が「普賢岳」です。

国見岳ふもと

雲仙岳登山道(長崎県島原半島)、国見岳のミヤマキリシマ

雲仙岳登山道(長崎県島原半島)、国見岳の紅葉 雲仙岳登山道(長崎県島原半島)、国見岳の霧氷

国見岳のふもとから四季折々に姿を変えるロケーションを一望できます。

イザッ!国見岳へ【鎖場あり】

雲仙岳登山道(長崎県島原半島)、国見岳のミヤマキリシマ雲仙岳登山道(長崎県島原半島)、国見岳

ふもとから5分ほどで「鎖場」と遭遇。慎重に一歩一歩先に進んでください(鎖場の全長は7~8mほど)。

雲仙岳登山道(長崎県島原半島)、国見岳のミヤマキリシマ

ヤッホーーーーイィィィィ!!!(爽☆快)

雲仙岳登山道(長崎県島原半島)、国見岳

ふもとから30~40分ほどで登頂!

平成新山をバックに記念撮影をキめるのです!

山頂からの息を飲む絶景

雲仙岳登山道(長崎県島原半島)、国見岳雲仙岳登山道(長崎県島原半島)、国見岳のミヤマキリシマ
雲仙岳登山道(長崎県島原半島)、国見岳のミヤマキリシマ 雲仙岳登山道(長崎県島原半島)、国見岳のミヤマキリシマ

ビューティフォーッッッ!!!

雲仙岳登山道(長崎県島原半島)、国見岳の紅葉

スペースは狭いけど、山ごはんPOINTにもオケー。

雲仙岳登山道(長崎県島原半島)、国見岳

数年前にイタチ?と遭遇。


✔絶景を堪能したら、Uターンして下山します。


平成新山・普賢岳へ

雲仙岳登山道(長崎県島原半島)

よほどの雲仙岳リピーターでもない限り、国見岳を登頂しただけで帰路へつくことはないでしょう。

「国見岳ふもと」⇒「国見分かれ」まで戻ったら、「左折」し「平成新山・普賢岳」へ向かいましょう。

雲仙岳登山道(長崎県島原半島)、鬼人谷口雲仙岳登山道(長崎県島原半島)、立岩の峰、平成新山雲仙岳登山道(長崎県島原半島)、普賢岳頂上、ミヤマキリシマ

「鬼人谷」⇒「立岩の峰(平成新山)」⇒「普賢岳山頂」のルートになります。

雲仙岳で一番人気の山ごはんPOINT「普賢岳山頂」。

ミヤマキリシマ・紅葉見頃では、登山客でごった返しますが、平成新山をガン見しながら食事したいですよねー。

雲仙岳登山道(長崎県島原半島)、普賢岳頂上、ミヤマキリシマ

普賢岳山頂でもミヤマキリシマは咲きます。

雲仙岳登山道(長崎県島原半島)

普賢岳山頂からは「仁田峠」⇒「池ノ原園地」と下山一直線の旅路です。

以上になります。

ミヤマキリシマの絨毯が広がる国見岳。山スッキーなら死ぬ前に800回は拝んでおきたい絶景です。

普賢岳への穴場ルートがあるの???

雲仙岳登山道(長崎県島原半島)、普賢岳頂上

300回の飯より普賢岳を愛するガチ勢がパーフェクト解説!

【画像をクリック!】

本稿の執筆、すべての写真撮影(マイマップの写真含):当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします。 (観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。 特にまとめ・キュレーションサイト、アフィリエイトブログによる画像の盗用については、断固とした対応をとります。

詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image