「唐八景公園の夜景」~愛を語らうには最適。そのたった一つの理由

唐八景公園からの新世界三大夜景認定、長崎の夜景

 

だって夜、人いないし。

皆無じゃないよ。

夕刻から日没直後までは、公園でウォーキングをしていた地元住民が展望台までのぼってくる。そのあとは長崎在住のカップルがたまーに車で来るって程度。駐車場の端に車を停めて引き籠っちゃうカップルもいる。

夜景スポットとしての概要

夜景の美しさでは、稲佐山鍋冠山風頭公園立山に次ぐ第2グループ所属。がっかり夜景じゃないけど、感動で失神するほどでもない中堅どころ。公園の標高は、稲佐山とほぼ同等となる約300メートル。長崎市中心街からは約5キロでやや距離を感じる景観。

ココは明治初頭には「遠八景」とよばれ[1]岩永 弘、『歴史散歩 長崎東南の史跡』、浜の町好文堂、65ページ 、長崎住民に景勝地として親しまれてきました。1994年に公園化され、「ハタ揚げ」[2]凧あげのこと。長崎では凧をハタと呼ぶの聖地として、毎年4月第1日曜日に「長崎ハタ揚げ大会」が開催されます。

唐八景公園からの新世界三大夜景認定、長崎の夜景唐八景公園からの新世界三大夜景認定、長崎の夜景

要注意点=観光客にはオススメできない理由

夜景観賞の交通手段としては、自動車一択。徒歩・路面電車では無理。わざわざタクシーで来るほどでもなし。無料専用駐車場もあるし、こりゃ車で行くしかないしょ、てとこなんですが、一つ大きな難点が。

十八銀行田上支店から公園までの約2キロの道路幅が狭いんだ、コレが。しかも交通量多し。遠来の観光客が接触事故でも起して、旅行が台無しになるのは心苦しいですし。せまっ苦しい道路で鍛え抜かれている長崎のドライバーなら、安全運転を心がければ問題ないかと。

施設と展望台

夜の唐八景公園夜の唐八景公園

展望台は駐車場正面の小高い丘に設けられています。中央に大理石製?のベンチあり。

特筆すべきは、駐車場から展望台までスロープが設けられていること。そのため車椅子、乳母車、身障者の方でも展望台から夜景を一望できます。

駐車場は40台分と広大。自販は駐車場奥にあり。TOILETもなかなかゴージャスで男女別の多目的付、けど化粧室は和式。

まとめ

唐八景公園からの夕景

夜景の激戦区、長崎市東エリア。同じエリアでは、鍋冠山展望台が2016年にリニューアルされたばかり。くわえて、車でのアクセス良好な出雲近隣公園も控えている。それらと比べるとやや影の薄い存在なのは否めない。

ただこれからも、地元住民や長崎在住のカップルの憩いの場として親しまれていくことでしょう。

満足度アップには、夜景ドライブへとしゃれこむべし!

鍋冠山展望台からの長崎の夜景出雲近隣公園からの新世界三大夜景、長崎の夜景
鍋冠山公園からの夜景出雲近隣公園からの夜景

この一帯は夜景スポットてんこ盛りなので、夜景ドライブ祭りを敢行するのが乙ですぜ。車で行ける周辺9大スポット記事はコチラ

鍋冠山公園と周辺9大スポットをめぐる夜景ドライブ【昇天せよ!】
長崎の夜景。その最高峰「鍋冠山」周辺には、個性豊かな夜景スポットが密集しています。「鍋冠山公園」、「グラバー園」、「風頭公園」etc。これら感涙ものの夜景スポットは、すべて車で巡ることが可能!恋人との至福のひと時をお約束する、極上の夜景ドライブ情報。必読です!

夜景SPOTとしての通信簿

所在地 長崎市田上3丁目287-1 他 地図の位置
夜景の美しさ 
交通アクセス 観光客の交通手段としては、自動車・自動二輪の一択。他はお勧めしません。
  1. 「自家用車」or「レンタカー」 
    専用の無料駐車場(40台分)
  2. 「路線バス」  時刻・路線 (約1時間に1本)
  3. 「路面電車」  最寄りの電停より4キロの距離
展望台について

• 施設の充実度・雰囲気  
・ベンチ、スロープ設置
・TOILET:駐車場に隣接。中央に
男女別の多目的式TOILET設置

・駐車場奥に自動販売機
※最寄りのコンビニ [3]「セブン-イレブン 長崎上小島5丁」 
(女神大橋駐車場より2.5キロ、車で約8分)  地図上の位置

料金      無料


営業時間      終日開放
週末の込み具合    
たまに地元住民、カップルが訪れる

車内鑑賞    不可
懐中電灯            持参した方がベター
日没時間

 長崎の日没時間  
※日没後から20~40分後が空がブルーモーメントに染まるもっとも美しい時間帯です

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

脚注・出典   [ + ]

1. 岩永 弘、『歴史散歩 長崎東南の史跡』、浜の町好文堂、65ページ 
2. 凧あげのこと。長崎では凧をハタと呼ぶ
3. 「セブン-イレブン 長崎上小島5丁」 
(女神大橋駐車場より2.5キロ、車で約8分)  地図上の位置

トップへもどる

Copyrighted Image