「稲佐山展望台」から「ロープウェイの片道」で帰る方法

稲佐山登山道路・スカイブリッジの長崎の夜景
ゴンドラから一望できる夜景

スポンサーリンク

オーイ!「タクシー」or「路面バス」で、稲佐山展望台に来た人

帰路は「ロープウェイでGO」もできます!【裏技】

稲佐山に行くなら「ロープウェイ」に乗りたーいと希望する方も多いはず。分かります。空中遊泳中のゴンドラから夜景を一望したいですよね。

「往路」に気楽な「タクシー」、「復路」に多少の待ち時間覚悟でも「ロープウェイ」という選択肢もありますよっと。

ということで、まずは「稲佐山展望台」⇒「山頂のロープウェイ稲佐岳駅」までの行き方をご案内します【※徒歩3分です】。

【1】「稲佐山展望台」に隣接する「山頂駐車場の奥」まで向かってください。

稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」
稲佐山展望台

稲佐山展望台

まずは、展望台から赤線で目印を付けた「駐車場の奥」まで歩きます。

※この駐車場奥周辺には、客待ちしているタクシーがたまに停まっています。仮にロープウェイ駅前に行列ができていたらUターンし、そのままタクシーに乗車しましょう。

【2】「ロープウェイ乗り場入口まで」

稲佐山展望台稲佐山展望台の光のトンネル

駐車場奥の左手に、天井にLEDを埋めこんだ光のトンネルが目に入ります。

ここが山頂のロープウェイ乗り場入口です。あとは、案内版通りに進めば、チケット売り場まで行けます。

稲佐山展望台

光のトンネルを抜けて、右折したらエレベーターがあります。そこから降りれば、チケット売り場です。

【✔】長蛇の列ができていたら、潔く諦めるのが賢明です。

稲佐山(長崎ロープウェイの行列)

GW、連休などは写真のOh my god!状態に。ゴンドラに乗るまでに1時間以上待ち続けるハメになります(※2017年のGWでは、1時間半待ちのアナウンスが流れました)。

ゴンドラ内でのベストポジションは?

目印を付けた進行方向の右手奥がベスポジ。無理なら右手最前列を確保しましょう。ゴンドラ内から見る夜景は、進行方向から右手(長崎港側)が断然美しく、次いで正面です。

ただ、ロープウェイ利用客は多く、平日夜でもベスポジ確保は困難。運よく列の前に並べたら是非どうぞ。

タクシーは「ロープウェイ駅淵(ふち)神社の駐車場」に呼びましょう。

長崎ロープウェイの駐車場

ロープウェイから帰路ですが、

  1. 「タクシー」
  2. 「路線バス」
の2択になります。よほどの旅達者でなければ、タクシー選択が無難です。

その場合、まずロープウェイ淵神社駅の駐車場まで行きます(※参拝者用駐車場とは別です)。場所はココ【写真で確認ください】

そして、タクシー会社へ「淵神社(ふちじんじゃ)のロープウェイ駅の駐車場まで」と告げてください。

タクシーを呼ぶ際は、以下の大手会社に℡してください。

  1. ラッキータクシー 095-844-1188
  2. キングタクシー  095-861-6161
  3. 光・日光タクシー   095-843-8818

安く収めるなら(路面電車の)「宝町電停」を指定

路面電車「赤迫行き」

淵神社ロープウェイ駅最寄りの電停は、「宝町」です。交通費を抑える方法としては、

   • 「淵神社ロープウェイ駅でタクシーに乗車。宝町電停(たからまちでんてい)の近くまでと指定」

   • 「タクシーを降車」

   • 「宝町電停から路面電車に乗り、目的近くで降りる」

の手順となります。

交通費

ロープウェイ

ロープウェイ営業時間:9:00~22:00(通年)

長崎ロープウェイの運賃
大人 片道    720円
中学生 片道    510円
小学生・幼児 片道    410円

タクシー(淵神社駅から)

「ロープウェイ淵神社駅」から「長崎市内各所」までの予想運賃

  1. 長崎駅まで:            800円
  2. 長崎中華街まで:   1,200円
  3. グラバー園まで:   1,700円
  4. 宝町電停まで:         560円(+路面電車の運賃 大人130円[固定])
※「タクシー料金検索 – JapanTaxi」で調査

人類よ、これが“ 本当の ”稲佐山だ!

長崎・稲佐山の夜景

到着した「稲佐山展望台」で、美しさMAXの夜景を見るには?その答えはコチラ!【検索実績№1】

【さぁ、画像をポチるのです!

稲佐山の夜景【一番キレイ&混雑回避の鉄壁時間】で満足度MAX!
「長崎の夜景」の代名詞は「稲佐山展望台からの夜景」。 しかーし、夜の展望台は大観衆でギュウギュウ状態。そんな所にノホホーンと来れば、地獄の待ち時間を喰らいます。それを回避し、一生モノの思い出にするための秘訣を大公開!

以上となります。ではでは~~

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人(※画像・文章の無断転載を固くお断りします。転載については必ずこちらをお読み下さい。
スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image