松浦シティホテル 松花「松浦水軍ちゃんぽん」~【絶品1GP優勝!】あの海賊王もびっくりの海鮮チート盛り

長崎ちゃんぽん放浪記:第20回

松浦シティホテル 松花の松浦水軍ちゃんぽん

本場長崎にも絶対負けない!と豪語するちゃんぽん。ガチか?

2012年に開催された松浦絶品1グランプリで栄えある優勝旗を手にした和洋ダイニング松花(まつはな)の「松浦水軍ちゃんぽん」。そして松浦市観光サイトには、大胆不敵なセリフが紹介されている。

「(松浦水軍ちゃんぽんは)本場の長崎市にも決して負けないお味だと自負しています。

オーライ!その大言が本当か否か。それを確かめに、長崎から松花に鼻息フンフンで乗り込んでやりました。

「松浦水軍特製ちゃんぽん」来たる!

松浦水軍ちゃんぽんのSP版「松浦水軍特製ちゃんぽん」1,280円がテーブルにきやがった。

とりあえず、アレだ。この豪華海鮮の山盛りで1,280円って、コスパ優秀すぎるだろ!

長崎中華街で、アワビ入り豚の角煮入りカラスミ入りなどの特製ちゃんぽんを平らげた経験から言うと、新地の相場より300~500円安い。

タイトルに偽りナシ。豪華海鮮食材に度肝をぬいた!

殻付きサザエがキタァァァァアア!

松浦シティホテル 松花の松浦水軍ちゃんぽん

トップを飾るのは「サザエ」だ!散々特製ちゃんぽんを喰らってきたけど、サザエ入りは、ドキドキ初体験ッス…。口にいれると、コリコリコリッの後に、潮肉汁ブシューってああぁたまらん。

って舐めんな!どんだけ特製ちゃんぽんを平らげてきたと思ってんだ。たかがサザエに!この俺のプライド!やらせはせん!やらせはせん!やらせはせんぞぉ!

次の豪華食材は何だ?カマーン!

殻付きアサリもキタァァァァアア!

松浦シティホテル 松花の松浦水軍ちゃんぽん

海鮮の最強エキスを注入するアサリ。それも殻付き。

そのエキスがスープにジュッバ!と溶け込んでおる。この海鮮&トンコツのハイブリッドスープのコクうまさは、異次元級だわ。口に含むとそれだけで、圧倒的な幸福感に包まれて、魂がフワフワ抜けそう。

このスープにぶっといちゃんぽん麺が絡んでスゲェーうまい!

八つ墓村かよっ!

松浦シティホテル 松花の松浦水軍ちゃんぽんの穴子

あぷぅぅぅう、「30㎝オーバーのアナゴ天」が、ちゃんぽんスープに突き刺さっている。あぁもう何がなんだか。

他の豪華具材

松浦シティホテル 松花の松浦水軍ちゃんぽん

とどめは、「尾頭つきのぶっとい車エビ」。口に入れると、エビ特有の甘味がとろ〜んと広がる。あぁもういい。松花さん、あんたスゲーよ、脱帽です。

他に肉・海鮮系:「イカ」、「カマボコ」、「豚肉」。

お野菜:「ねぎ」、「キャベツ」、「モヤシ」、「たまねぎスライス」、「ニンジン」。ねぎが、白濁トンコツスープのくどさを中和していて、ええ仕事をしてます。

全体のボニューム

松浦シティホテル 松花の活長崎ハーブ鯖
活長崎ハーブ鯖

メニュー表に2人前と表記されていますが、こんだけの豪華具材ですもの。ペロリと平らげちゃった。ただ女性だと厳しいかも。

松花では、通常版の「松浦水軍ちゃんぽん」もありますし、海鮮メニューなども豊富に取り揃えていますので、それを念頭に注文ください(※松浦はサバ・アジの水揚げ量が全国有数。その他、フグ、クロマグロの養殖も盛んな土地。当然、それらの海鮮料理が名物です)。

和洋ダイニング松花(まつはな)の「松浦水軍ちゃんぽん」 まとめ

松浦水軍まつり2014
「松浦水軍まつり」

倭寇の末裔、松浦人が「水軍」と付けたちゃんぽん。その意味。

かつて「倭寇」と呼ばれ、東シナ海を舞台に、水軍や貿易、海賊活動に勇躍した松浦の武士団(つまり「リアル麦わらの一味」)。その地で「水軍」と名付けたメニューに、下手なものを出すのは、倭寇の末裔としてのプライドが許さないのダ!

豪華絢爛な海鮮盛りと、有りえない良コスパのちゃんぽん。松浦人の心意気を、ガッチリと感じることができました!

ということで、〆の感想にイこーか!
「松花さん、バリッ旨か!!ごちそうさんした」。

松浦水軍特製ちゃんぽん     1,280円(税別)

• 松浦水軍ちゃんぽん         780円(税別)

 松浦シティホテル 松花の営業時間

【昼】11:30~14:00(Last order13:30)
【夜】17:00~22:00(Last order21:30)

店舗情報

店名和洋ダイニング 松花(まつはな)
公式サイト松浦シティホテル*長崎県松浦市レストラン
住所長崎県松浦市志佐町浦免1782-1 松浦シティホテル1F
ジャンル郷土料理、魚介料理・海鮮料理、洋食、ちゃんぽん
定休日不明
駐車場あり(無料・50台)
問い合わせ0956-72-5000

「長崎ちゃんぽん放浪記」【目指せ100杯!】

長崎ちゃんぽん放浪記 ちゃんぽんを、アッチコッチで食べ歩いてます。名店から仰天ビックリなものまであるYO
【画像をクリック!】

  1. 味や店への評価は、あくまで個人的見解です。
  2. 当サイトでの掲載情報の内容は、時間の経過とともに変化する場合があります。
  3. 本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

    画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

トップへもどる

Copyrighted Image