鍋冠山公園への徒歩の行き方 ~往路編【絶対迷わない】

鍋冠山展望台からの新世界三大夜景の長崎の夜景

チェックポイント長崎の夜景の最高峰[1]日本夜景遺産 自然夜景遺産 に稲佐山とともに選出鍋冠山公園。頂上の展望台には、グラバースカイロード (斜行・垂直エレベーター)を経由すれば、たったの距離400メートル、徒歩15分で着いちゃいます。

夜間開園のグラバー園(期間限定/有料)をはじめとする道中のビュースポットも魅力の一つ。それらもとびきりの写真で漏れなくご紹介。(読み方:「なべかんむりやま」)

まずはルートをマークした地図をご覧ください

この地図と、記事を併用すれば、迷うことなく展望台にたどり着けます。ということで、記事へGO!

事前に次の項目をチェック✓

鍋冠山展望台からの長崎の夕景 鍋冠山公園では、夕景も感涙もの美しさ。夕陽が望めそうなら、日没20分前には到着し、夕景から日没直後のブルーモーメントまでを堪能するのがオススメ。長崎の日没時間

懐中電灯は不要。

公園に売店、自動販売機はありません(2018年1月現在)。400メートルの坂道を登りますので、途中で水分を確保した方が賢明です。自販の位置は、記事に記載しています。

それでは道案内に移ります。

石橋電停からグラバー園第2ゲートまで

電気軌道(路面電車)の石橋電停 まずは路面電車、5号系統「蛍茶屋~石橋」行きに乗り、「石橋電停」で降ります。

「長崎駅前」電停経由での注意点 [2]「(系統1)正覚寺下行」に乗車~「新地中華街(旧築町)電停」で降車。
※降車前に運転手に「乗換券を下さい」と告げ、石橋行が無料となる券をもらうこと。~「新地中華街(旧築町)電停」から「(系統5)石橋行」に乗車~「石橋電停」で下車

グラバースカイロード、グラバー園第2ゲート、鍋冠山展望台への徒歩ルート

「石橋電停」から矢印と案内版(グラバー園第2ゲート行き等)沿って深堀精肉店を右折してください。そのまま進めば150メートル先の「グラバースカイロード・斜行エレベーター登り口」に着きます。

鍋冠山展望台への徒歩ルート 斜行エレベーターまでの途中、「池田胃腸内科」の向いにドリンクの自動販売機があります。

17:00以降で、ルート上の自販は、鍋冠山公園を含めココが最後です。

グラバースカイロード登り口

「グラバースカイロード・斜行エレベーター登り口」に到着。

夜間だと、鍋冠山公園までTOILETはここしかありません(17:00までだと南山手レストハウスのものを利用可)。

エレベーターに乗ったら5階のボタンを押します。

絶景ポイント1⃣とニャンコランド

グラバースカイロード、グラバー園第2ゲート、鍋冠山展望台への徒歩ルートグラバースカイロード、グラバー園第2ゲート、鍋冠山展望台への徒歩ルート

5階に到着しエレベーターを降りると、徒歩0分の「絶景スポット1⃣」があります。上の写真を参考に、左手に進み階段を降りてください。

グラバースカイロードからの長崎の夜景グラバースカイロードからの長崎の絶景
絶景ポイント1⃣。坂の町 長崎と港とが眺望できる夜景と日中の風景とをどうぞ。

グラバースカイロード、グラバー園第2ゲート、鍋冠山展望台への徒歩ルート

エレベーター降り口まで戻れば、その先の「垂直エレベーター」が視界にはいります。途中ビュースポット有。

グラバースカイロードの猫

このあたりには人馴れしたニャンコたちが気ままに暮らしています。優しく触れてあげて

南山手レストハウス(旧清水氏住宅)

垂直エレベーターに乗るのは、ちょいお待ち!

垂直エレベーター登り口から目と鼻の先に、幕末創建の「南山手レストハウス (旧清水氏住宅) 」があります。築約150年の石造り洋館は、観光客用の休憩所として、無料開放されています(入園時間9:00~17:00/※自販・トイレ有)

南山手レストハウス(旧清水氏住宅、南山手乙27番館)

南山手レストハウス(旧清水氏住宅、南山手乙27番館) に咲くバラ南山手レストハウス(旧清水氏住宅、南山手乙27番館) 裏門からの絶景
華やかな居留地時代の雰囲気そのままの外装、内装が目をひきます。

それにくわえ、「庭園のバラ[3]旬は春と秋・初冬」、「裏口からの港町を望む風景」も、一押しポイント。ぜひご堪能ください。

垂直エレベーターからグラバー園第2ゲートまで

グラバースカイロード垂直エレベーター「垂直エレベーター登り口」まで戻り、3階のボタンをポチってください。

絶景ポイント2⃣ ~「グラバースカイロード展望所」

グラバースカイロードからの新世界三大夜景、長崎の夜景グラバースカイロード展望所からの風景
エレベーターを乗り終えれば、長崎の街並みと港を一望できるビュースポットの通路に繋がります。

ここからの日中の風景は魅力的ですが、本命は夜景。手軽に行ける長崎の夜景スポットとしてはベストビューです。

グラバー園第2ゲート通路を通り過ぎるとすぐに、「グラバー園の第2ゲート」があります。
鍋冠山公園とグラバー園を両方巡りたい方:先に鍋冠山まで登ってください。

そうすれば、鍋冠山展望台~グラバー園第2ゲート~グラバー園出口までのルートが、終始降りで進めます。

グラバー園第2ゲートから鍋冠山公園 展望台まで

グラバー園第2ゲートから聖徳院まで

鍋冠山公園展望台までの徒歩ルートここから登坂となります。矢印に沿って進んでください。展望台まで所要時間約15分の道のりですが、途中のビュースポットが疲れを癒してくれます。
 
 
鍋冠山展望台への徒歩ルート鍋冠山展望台への徒歩ルート、案内板

展望台まで所々に案内板が設置されています。そのため、それに従って進めば迷うことはありません。

途中住宅地に挟まれた通路を通るので、大声をあげるなどの迷惑行為は控えてください。

絶景ポイント3⃣

鍋冠山展望台への徒歩ルート第2ゲートからのビューポイント№1は、階段途中のココ!

鍋冠山展望台への途中の絶景鍋冠山公園徒歩ルート途中の長崎の夜景

ビューティフォーーーーッ!

聖徳院(六角塔)、鍋冠山展望台への徒歩ルート

絶景ポイント3⃣から登ってすぐに聖徳太子を祀った「聖徳院(六角塔)」が建立されています。

聖徳院から鍋冠山展望台まで

鍋冠山展望台への徒歩ルート

鍋冠山展望台への徒歩ルート。プレート聖徳院(六角塔)から約50メートル進むと最後の難関、「計244段の急勾配な階段」に突き当たります。
展望台まで残り150メートル。

後ひと踏ん張りです、ファイト!

鍋冠山展望台への徒歩ルート、途中、「鍋冠不動尊」との分岐点があります。日中で時間に余裕のある方は参拝に訪れてはいかが?(分岐点から約200メートルの距離)

「鍋冠不動尊」:静寂に包まれた50数体の石仏群を眺めると心が洗われます。鍋冠山は古来より景勝地としてだけでなく、霊山としてもじげもん(長崎市民)の崇敬をうけてきました。

鍋冠山展望台への徒歩ルート

鍋冠山不動尊との分岐点から展望台までは階段155段、距離100メートル。もう少しでゴールが見えてきます。

鍋冠山展望台への徒歩ルート

階段を登りきれば残りわずか。

鍋冠山公園展望台とうちゃ~く

この展望台は、2016年4月1日にリニューアルされたばかりで、ピッカピカ。雰囲気良好なので、デート、観光利用にも適しています。

鍋冠山展望台からの新世界三大夜景、長崎の夜景お疲れさまでした。展望台ではとびっきりのご褒美「鍋冠山からの夜景」がお出迎え。

「鍋冠山の夜景」~140%満喫するための3つのポイント【必見!】
稲佐山と並ぶ長崎の夜景の最高峰「鍋冠山公園」。「徒歩で行ける」などの3大ポイントを知れば、その極上の魅力を堪能し尽くすことができます!他の夜景サイトにはない、まる得情報ととびっきりの写真でお待ちしています。

鍋冠山公園展望台からの絶景

日中も夜に劣らず絶景です。こちらも是非ご覧ください。

鍋冠山公園からの帰路。グラバー園or祈念坂への徒歩ルートを完全ガイドした記事はコチラ

鍋冠山公園からグラバー園への徒歩の行き方  
長崎の夜景の人気スポット「鍋冠山公園」から、定番観光名所「グラバー園」への徒歩でのルートを徹底解説!ルートをマークした地図付ですから絶対に迷いません。道中のビュースポットも、とびきりの写真でお楽しみください。

それでは。~一生記憶に残る旅となれば幸いです

本稿の執筆、すべての写真撮影(マイマップの写真含):当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります) 。詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

脚注・出典   [ + ]

1. 日本夜景遺産 自然夜景遺産 に稲佐山とともに選出
2. 「(系統1)正覚寺下行」に乗車~「新地中華街(旧築町)電停」で降車。
※降車前に運転手に「乗換券を下さい」と告げ、石橋行が無料となる券をもらうこと。~「新地中華街(旧築町)電停」から「(系統5)石橋行」に乗車~「石橋電停」で下車
3. 旬は春と秋・初冬

トップへもどる

Copyrighted Image