「善長谷教会」 ~遠藤周作が愛した【隠れキリシタンの里】

隠れキリシタンの子孫が建てた善長谷教会善長谷教会のクリスマスイルミネーション善長谷教会からの奇跡の夕景

遠藤周作が愛した「善長谷」。氏を魅了したわけとは?

             隠れキリシタン   

                    奇跡の絶景     

                           おとぎ話のような小教会

さあ、あなたを非日常な世界へといざないます

この記事のpoint

1ページ目見学・礼拝情報のすべてが、たった5分で早わかり

2ページ目「本文」。隠れキリシタンの里・善長谷について、美しい写真を交えながら、どこよりも詳しく解説します。

※1ページ目は見学・礼拝ガイドとして。2ページ目は、読み物・専門資料としてお役立てください。最初から2ページ目を読む方  2ページ目(本文)

本文の最後では、善長谷の丘からの奇跡の夕景ショーをお届けします。お楽しみに!  

見どころ ~善長谷(ぜんちょうだに)の心震える魅力

1.教会堂について

善長谷教会

最初にこの地に教会堂が建てられたのは、1895年(明治28)のこと。現在のものは、1952年(昭和27)に再建されました。外壁を純白とワインレッドであしらった、愛らしい小教会です。

2.アンジェラスの鐘とルルドについて

善長谷教会のアンゼラスの鐘ベルナデッタの前に降臨した聖マリア(善長谷教会のルルド)

小さなアンジェラス(天使)の鐘が吊られたクスノキ。この小鐘は刻(とき)をつげる音色を毎日奏でています。このおとぎ話のような牧歌的な情景には、だれもが感銘をおぼえます。

竹林から光沢がもれる幻想的なルルドがあります。1957年からルルド出現100周年にあわせ、1年半もの年月を要し、大変な労苦の末に建立されたものです。

(ルルドへは、駐車場奥からの道が安全上おすすめです[案内板有。徒歩数分])

3.「奇跡の夕景」がココにはある!

善長谷教会前からみえる絶景善長谷教会からの軍艦島の夕景

日中の絶景:突き抜ける青空と大海原の一大パノラマ。大海原には、ミニチュアのような世界遺産の軍艦島(端島)が浮かんでいます。

感極まる夕景夕刻になると、えもいわれぬ美しい夕陽が、大空と大海原をオレンジに染めあげます。 この刻になると、時間がたつのを忘れて、ただただ名画のような夕景に見とれてしまいます(戦艦状の島は、軍艦島です)。

4.隠れキリシタンが紡んだ歴史

善長谷教会近くにある隠れキリシタン、長谷川甚介・佐八の顕彰碑

長崎市南西部の山中にひっそりとある善長谷の里。かつては隠れ(潜伏)キリシタン[1]俗にいう「隠れキリシタン」とは、専門的には、江戸期の「潜伏キリシタン」と明治以降の「カクレキリシタン」に分類されます。本稿では、観光サイトとしての性格上、読者に混乱をまねかないように「隠れキリシタン」で通しました。
「潜伏キリシタン」と「カクレキリシタン」が信仰したのは、正統的なキリスト教ではない。それは、江戸期の長い禁教時代に、キリスト教にくわえ仏教や神道の教義とが混淆した独自の土着宗教である、とだけここでは覚えておいてください。
の集落でした。

教会横の山手へのぼる道から徒歩約1分で左手の木々の下に「長谷川甚介・佐八之碑」があります。彼らこそが当地へ最初に移住したキリシタンです。

5.小説・映画の舞台として

善長谷教会からの夕景とクスノキ

善長谷は、多くの文豪たちを魅了してきました。遠藤周作やなかにし礼、さだまさしはその代表で[2]かの司馬遼太郎も訪ねて行きましたが、タクシーの運転手が場所が分からず断念したということです(参考:嬉野 純一、『わたしの好きな 長崎の神さま』、長崎文献社、2016年、50ページ)。、かれらの作品(小説・映画)のなかで、 善長谷が登場しています。

※「善長谷が登場する小説・映画」は、2ページ目下部にまとめました。

その故遠藤周作が小説『女の一生』一部のヒロイン、キクを弔う場所に選んだのが、この善長谷です。氏は小説のなかで、この教会前のクスノキの下にキクの遺髪を埋葬させます。薄幸な生涯をとじたキクの魂が、この美観を永遠に眺められるように。

見学・礼拝ガイド

基本情報

所在地 〒851-0302  長崎県長崎市大籠町519
料金 無料(※献金箱に寄付をお願いします。)
駐車場 有/無料
拝観・開館時間 常時可能(団体は要予約)

要チェックpoint!

  1. 教会を訪れる際は、以下を参考にして、見学マナーを必ずお守りください。

    教会見学時のマナー|長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産
  2. 主日ミサ | 日曜日、午前7:00より約1時間

    ※この時間から約1時間の間では、見学、特に内見はご遠慮ください(ほかに特別ミサや冠婚葬祭などの教会行事時を含む)。

    信者以外でミサに参加希望の方は、カトリック長崎大司教区の説明を熟読ください。  ミサに参加したい方々へ カトリック長崎大司教区

  3. 問合せ
    1. 深堀教会 :℡095-871-3459  長崎市深堀町5丁目292
    2. 長崎巡礼センター:℡095-893-8763  長崎市尾上町1−88

交通アクセス

交通手段は自動車、バスの2択。後者は、降車バス停から教会まで2キロの距離があるため、あまりオススメしません。場所は分かりにくいため、記事を熟読ください。

自動車

距離約16キロ、所要時間40分のルートです。最も分かりやすく、道路幅も広い国道499号線を通ります。 道に迷ったら、地図上のルートと写真付きの注意ポイントとを確認してください。

詳細にまとめた記事はコチラです。

「善長谷教会への交通アクセス」~車での行き方から駐車場情報まで
「善長谷教会」。この長崎市西南の山中にある小さな教会は、遠藤周作『女の一生』、なかにし 礼『長崎ぶらぶら節』など多くの小説、映画の舞台となりました。その魅力あふれる善長谷教会への、車でのアクセス方法を徹底解説します。

バス(長崎バス)

バス利用の場合、最寄りのバス停から善長谷教会まで徒歩で約1時間(距離2.2キロ)の時間を要します。

詳細にまとめた記事はコチラです。

「善長谷教会 ~バスでの行き方」【完全版】
遠藤周作が愛した隠れキリシタンの里「善長谷教会」。その「バスへのアクセス方法」について、分かりやすくまとめました。バス利用の方は必読です。

次ページより本文となります

圧巻な絶景、愛らしい教会、隠れキリシタンにまつわる歴史など。 ラストの奇跡の夕景と併せてお楽しみください。

そして、ラストの光のカーテンをおびた幻想的な教会もお楽しみに!

脚注・出典   [ + ]

1. 俗にいう「隠れキリシタン」とは、専門的には、江戸期の「潜伏キリシタン」と明治以降の「カクレキリシタン」に分類されます。本稿では、観光サイトとしての性格上、読者に混乱をまねかないように「隠れキリシタン」で通しました。
「潜伏キリシタン」と「カクレキリシタン」が信仰したのは、正統的なキリスト教ではない。それは、江戸期の長い禁教時代に、キリスト教にくわえ仏教や神道の教義とが混淆した独自の土着宗教である、とだけここでは覚えておいてください。
2. かの司馬遼太郎も訪ねて行きましたが、タクシーの運転手が場所が分からず断念したということです(参考:嬉野 純一、『わたしの好きな 長崎の神さま』、長崎文献社、2016年、50ページ)。

トップへもどる

Copyrighted Image