「どんの山公園の夜景」~【前人未踏の秘境スポット】穴場越え

どんの山公園からの長崎の夜景どんの山公園からの長崎の夜景どんの山公園からの長崎の夜景

「穴場」?表現がヌルい、ヌルすぎて湯冷めするレベル。ココは「秘境」なのだ!

「夜景の穴場」なんてゴロッゴロある。そんなコンビニのおでんのような生ぬるいものではなく、検索にも出ない「夜景の秘境」を追い求めてこそ、漢(オトコ)のロマンというものだ。

人びとがリスクを回避するようになった現代社会。この記事は、リスク嫌忌社会に楔を打ち込むべく、夜景専門サイトに見向きもされない、「秘境・夜のどんの山」へ突貫した漢の物語である。

「この底辺クズなおっさん、略してT・K・Oは、何を言っているんだ」といぶかるかもしれない。しかし本人も何を言っているのか、ちっとも理解していないので安心して読み進めて欲しい。

大砲をドーンと打ち鳴らしたから「どんの山」

どんの山の大砲どんの山「まんが日本昔ばなし」みたいな話ですが、ガチです 。山名の由来となったのは、1903年から1941年の間、刻を告げる空砲を打ち鳴らしていたことから。その大砲は山頂の公園に保存されており、実際に目にすることができます。

標高は約130メートルと、運動には手頃な高さ。山頂公園からは、鶴の港長崎港と街並みを一望できるビュースポットとなっています。

夜景スポットとしては、致命的なアクセスの悪さ

どんの山

たかだか標高130メートルだと、「秘境」なんて大袈裟な表現と思われるかもしれない。実際、複数のブロガーさんが日中に登られて記事を投稿している。がっ夜景スポットとしては、ほとんど情報がない蜃気楼のような存在なのだ。その訳は、交通アクセスが★一つの極悪さから。最寄りの駐車場は、1キロ離れたふもとの大浦付近。つまり夜景を拝むには、山頂まで丸々路破しなければならない。

当然筆者も、子泣き爺のような重い三脚を抱えて、大浦からえっこらさと登ったのさ。もちろん、たった独りでッ!あっごめん、目から塩水が垂れてきてモニターが曇ってきた。ちょっと休憩(ブワッ)…

専用の展望台があれば★四つの美しさ

どんの山からの新世界三大夜景認定の長崎の夜景

位置的には、鍋冠山風頭山の中間ぐらいで、ココ独特の景観が一望できます。夜景の美しさでは、稲佐山・鍋冠山に一歩劣ります。それでも★四つに限りなく近いAクラスの美しさで、一望した瞬間に「キレー!」と感嘆の声をあげるレベル。

どんの山
どんの山 どんの山

夜景を拝める位置は、「公園奥の広場」と、「それに通じる歩道」からの2か所。「展望台があれば」と但し書きした理由は、前方の民家が視界を遮るため。アクセス良好で、眺望が開ける展望台があれば、「稲佐山」、「鍋冠山」「風頭公園」「立山」と並び、「どんの山」が「長崎の夜景 5大スポット」として名を連ねたでしょう。それぐらい惚れ惚れする美しさです。

まとめ

正直、夜景目的でココまで来るのは、マニアか、暇なブロガー(ほっとけ!)ぐらい。もう一つの秘境スポット「金比羅山・金星観測記念碑前の展望台」が老朽化のため立入禁止になった現在、ココは貴重な存在なのだ。

歩くのが好きなスポーティなカップルなら、一度訪れて如何?夜景の美しさは、猛烈保障します。その際は、懐中電灯をお忘れなく。

夜景スポットとしての通信簿

所在地 長崎県長崎市元町 地図の位置
夜景の美しさ  
交通アクセス

「自家用車」 
最寄りの駐車場は、1キロ離れたの大浦付近。

「徒歩」   
ふもとの大浦から山頂の公園までは約30分を要します。

施設の充実度・雰囲気
公園内にベンチ、TOILETアリ。
時を知らせていた大砲を展示。

週末の込み具合  皆無
懐中電灯     必要
車内鑑賞     不可
日没時間 長崎の日没時間  
※日没後から20~40分後が、空がブルーモーメントに染まるもっとも美しい時間帯です。

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人 
画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば著作権侵害で処罰されます
詳しくは「転載、引用について」をお読みください。


トップへもどる

Copyrighted Image