GWの稲佐山は「超激コミ」。実地体験者が【鉄壁の対策を発表!】

ゴールデンウイークの稲佐山は、完全にアカン奴。証拠写真がコレだ!

稲佐山山頂展望台(ゴールデンウィーク)の大混雑

「稲佐山展望台」での芋洗い状態ッ!【見えるのは夜景じゃなく、人の後頭部】

長崎ロープウェイの大行列 長崎ロープウェイの大行列

「稲佐山行きロープウェイ」での地獄の行列!【GWだと1時間待ち】

稲佐山中腹駐車場での行列

「シャトルバス乗り場」での延々と続く人の列・列・列ッッ…!!

つまーり、GWの稲佐山はどこもかしこも、鬼コミなのだ!

「展望台での混雑」をスルーする【冴えたやり方】

稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」

アクセス方法を解説する前に、「稲佐山展望台での混雑回避方法」を記します。

ベストな方法【夕刻到着】

稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」からの長崎の夕景稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」からの新世界三大夜景認定、長崎の夜景

稲佐山展望台は、夜景だけでなく、夕景もビューティフォーです。交通渋滞が始まるのが日没前なので、夕刻に訪れて、「夕陽」⇒「夜景が一番キレイなブルーモーメント」のSPコンボを堪能する。これがベストです!

展望台屋上での「夕日鑑賞エリア」と「夜景観賞エリア」は正反対の位置です。早めに「夜景観賞エリア」へ移動し、最前列を確保してください。

稲佐山山頂展望台のハートストーン 稲佐山展望台からの絶景
稲佐山展望台のハートストーン 稲佐山から見える軍艦島

夕陽が隠れていても、
  1. ハートストーンを血眼で探す。
  2. 展望台2Fの「ひかりのレストラン」でお茶する。
  3. 夜間には視認困難な世界遺産をガン見する(軍艦島が見えます!)
で時間を潰せます。

よし!夕刻到着にしようという方はコチラをチェック。

次善の方法【最前列の確保に失敗した場合】

稲佐山展望台のエレベーター 稲佐山展望台のエレベーターボタン
稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」

スケジュール上夕刻到着はムッリー!そーして、屋上での大混雑の真っ只中に突入し、見えるのは人の後頭部だけ!「あふぅぅ~、マジかよ(悲嘆)」となった場合。

即行、地下へ行くベシッ!エレベータに乗りB1のボタンをポチッとな。そして降りたら、地下の外廊下へ向かいます。

ココはSUPER穴場で、屋上の喧騒とは別世界の静けさです。

稲佐山展望台、地下一階の外廊下からの夜景

それでいて、夜景の美しさは屋上とほとんど同じ。ぜひ、地下を活用ください。

奥の手【GW最終日に訪れる】

GWに限らず、3連休以上なら最終日は来場者が激減します。

2019年なら5月6日(月)が該当。ねらい目です。※GWでは当日のみ山頂駐車場の一般車両夜間制限がありません。

「稲佐山展望台までのアクセス方法」 まとめ

稲佐山展望台へのアクセス方法は、以下の6通りになります。

  1. 『車(自家用車・レンタカー)』

       • 「山頂駐車場」はGW中夜間に【一般車両の利用が制限されます】。そのため夜間だと「中腹駐車場」(無料)に停めなくてはなりません。

       • その後は、「中腹駐車場から無料シャトルバスに乗る」or「徒歩で展望台まで歩く」の2択となります。

       • 他に、「ロープウェイ駅駐車場」(無料)⇒「ロープウェイに搭乗」のアクセス方法があります。車の収容台数14台ですが、意外に空いています。しかし、GW中ではロープウェイ駅前では乗客の大行列となり、その方が問題です。

  2. 『長崎遊覧バス「夜景見学ツアー』
  3. 『タクシー』
  4. 『長崎ロープウェイ』

           • ロープウェイ駅まで「無料送迎バス利用」   

           •   〃                  「タクシー利用」

  5. 『路線バス』

    ※中腹の「稲佐山バス停」までしか行きません。バス停から山頂展望台までは、

       • 中腹駐車場から山頂まで「無料シャトルバス利用」   

           • バス停から山頂まで「徒歩で行く」(所要時間:15分ほど)

  6. の2通りのアクセス方法となります。


以下、「車」と「それ以外の交通手段」に分けて解説します。


【1】「車でのアクセス方法」

GW中、「稲佐山展望台」最寄りの「山頂駐車場」は、一般車両が夜間規制されます。

• [規制時間:18:30~22:30]

【方法その1】規制が始まる前に「山頂駐車場」に停める

稲佐山山頂駐車場(満車)

まずは次のサイトで、「山頂駐車場の空車/満車情報」を確認しつつ稲佐山山頂に向けて車を走らせてください。

空車マークが付いていたら、「山頂駐車場」へ向かい駐車しましょう。夜になるまで、夕景を堪能するも良し、他の方法で時間を潰すのも良し、です。

満車マークが付いていたら、清く諦めて「中腹駐車場」へ停めましょう。
GW中は、信じがたいほどの大勢の利用客が稲佐山展望台へ訪れます。「山頂駐車場」へ停めた方は、長居せず、ある程度夜景を楽しんだら、駐車場から速やかに出庫してください。
[山頂駐車用の料金]最初の20分無料/以降30分100円

【方法その2】「中腹駐車場」に停める

稲佐山中腹駐車場(長崎市)

GW中での一般車両規制時間内は、「中腹駐車場」へ誘導されます。駐車料金は無料です。

稲佐山シャトルバス

「中腹駐車場」からは、「シャトルバス」が[18:30~22:30]まで、10~20分毎に運行されます(無料、5分ほどで山頂に到着)。

GWだと目を疑うような事態が【驚愕】

稲佐山中腹駐車場での行列

はい、証拠写真。シャトルバス乗り場で、ガチヤヴァな長蛇の列ができます。

中腹駐車場から山頂までは、遊歩道が整備されており、徒歩15分ほどで着きます。往路は緩い坂道ですが、写真のような状態なら、山頂まで歩いた方が断然マシです。

山頂の展望台までの歩き方はコチラ(「地図」&「写真付き」で迷いません。)

【2】「車以外のアクセス方法」

結論から言えば「夜景見学バスツアー」が圧倒的にオススメ

稲佐山行き夜景見学ツアー(長崎遊覧バス )

理由:「山頂駐車場の駐車規制を受けない」、「駐車場前ゲートの渋滞をスルーできる」、「山頂駐車場が満車でも停められる」から。つまり、悪魔的に交通混雑するGW期間中でも、ほぼその影響を受けないアクセス方法です。

また、ガイドさんがルート上の名所を解説してくれます。

デメリット:「集合場所が各ホテル前10か所と決まっていること」、「総所要時間が1時間半~2時間要すること」です。運賃は1,500円(固定)ですが、メリットを考慮すれば全然お得です。

事前予約制ですので、GW中での利用をお考えなら一刻も早く予約をとってください。


実際に【ツアーを体験しました】!


穴場は「路線バス」

稲佐山行き路線バス

「路線バス」は他の交通手段と比べて、運賃はバカ安、利便性は極悪。稲佐山展望台まで行かず、1キロ手前の「稲佐山バス停」までの運行です。

ただ、稲佐山展望台へのアクセス方法としてはマイナーなので、GWだからと言って満席御礼となることはおそらくないです。また、どのみち山頂駐車場まで運行しないので、駐車場規制や満空状態とは無関係。

「稲佐山バス停」⇒「稲佐山展望台」までは、

   • 「無料シャトルバス」に乗る

   • 徒歩15分で踏破する

の2択となります。

「路線バス」に挑戦する勇者さまは、コチラの記事が必読です!

「タクシー」は要注意!

稲佐山駐車場でのタクシーの渋滞

「タクシー」は規制を受けずに、GW中でも山頂駐車場に夜間駐車できます。

んがしかーし、山頂駐車場の収容台数がたった40台分だけなので、ゲート前で渋滞を起こし立往生となります。その時間は、30分かそれ以上なる恐れがおり、時間を浪費し運賃もその分嵩みます。

また、帰路でタクシーを呼ぶ際にも、駐車場が空くまで、山頂駐車場まであがってくることはできません。

ゲート前の渋滞をスルーするには、(稲佐山)山頂駐車場ではなく、(稲佐山)中腹駐車場を指定し降りることです。そしてその後は、

   • 中腹駐車場から山頂まで「無料シャトルバス利用」   

       • バス停から山頂まで「徒歩で行く」(所要時間:20分ほど)

の2択となります(詳しくは『 「車でのアクセス方法」』を読んでください)。

稲佐山中腹駐車場(長崎市)

帰りは「中腹駐車場の入口」までシャトルバスか徒歩で降りてきて、タクシーを呼ぶといいでしょう(※タクシーを呼ぶ際は、指定場所が稲佐山の「山頂」駐車場ではなく、「中腹」の駐車場入口であることを必ず強調してください)。

タクシーを呼ぶ際は、以下の大手会社に℡してください。

  1. ラッキータクシー 095-844-1188
  2. キングタクシー  095-861-6161
  3. 光・日光タクシー   095-843-8818

稲佐山へのタクシー利用はコチラの記事で詳細を確認ください。

「ロープウェイ」は激注意!!

長崎ロープウェイのゴンドラ

稲佐山行きのアクセス方法として人気の高い「長崎ロープウェイ」。なんですけど、ゴンドラのキャパ不足[1]函館ロープウェイのゴンドラの最大定員125名に対し、長崎ロープウェイでは31名に過ぎませんのため、GWなどの繁忙期だと1時間以上待つケースがあります。

長崎ロープウェイの大行列

写真は2017年のGWで、1時間半待ちのアナウンスが流れました。

稲佐山登山道路・スカイブリッジの長崎ロープウェイと夕景稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」からの長崎の夜景

解決策は、混雑が始まる前の夕刻に搭乗し、日没後の最もキレイなブルーモーメントの夜景を堪能する。そしてその後は、即刻、ただちに、素早く展望台を退去し、帰路につきましょう。

※ロープウェイ登り駅までの送迎バス(無料)は、夜のみの運行なので、夕刻到着はできません。

稲佐山(長崎ロープウェイの行列)

GW中の長崎ロープウェイでは、1ミクロンでも油断すると、帰路でもヘビー級の待ち時間をくいます。

あらかじめ片道切符を購入し、帰路で行列ができていたら、中腹駐車場まで降りて「タクシー」か「路線バス」を利用する手段があります。詳しくは、本稿の『穴場は「路線バス」』、『「タクシー」は要注意!』の項に目を通してください。

まとめ

稲佐山山頂展望台 「ビュータワー」からの新世界三大夜景認定、長崎の夜景

GW中の来場者はガチ半端なし

車以外だったら、「夜景見学バスツアー」が圧倒的に堅実ですので、早い予約をオススメします。

展望台では、押し合いへし合い状態となりますが、地下を上手に活用ください。

ではでは、最高の稲佐山旅行となりますよーに

本稿の執筆、すべての写真撮影(マイマップを含む):当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。

詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

脚注・出典   [ + ]

1. 函館ロープウェイのゴンドラの最大定員125名に対し、長崎ロープウェイでは31名に過ぎません

トップへもどる

Copyrighted Image