「天草のイルミネーション2020」【世界遺産・崎津教会に感動の嵐!】~期間はいつまで?

大江教会(熊本県天草市)のイルミネーション

天草の教会イルミネーションが完全にヤバいやつ【イルミマニアが卒倒寸前!】

え~あ~ご静粛に。これより、長崎県下70か所のイルミSPOTをコンプリしたマニアが、関白太政大臣宣言を行います。

(コンプリした中には、大浦天主堂五島列島平戸の教会も含まれます)。

天草の「崎津教会」、「大江教会」のイルミネーションが心震える美しッ!(特に後者)【太鼓判をバンバン押します!】

スポンサーリンク

「Amakusan SANTA island」点灯期間2019-2020【全て見物無料】

「崎津教会」・「大江教会」・「天草ロザリオ館」

2019年12月1日(日)~2020年1月5日(日)

イルミ点灯時間:17:30〜22:00

「天草市役所裏 河川プロムナード」

2019年11月23日(土) ~2020年1月17日(金)

イルミ点灯時間:17:00〜22:00

「牛深ハイヤ大橋」・「同橋横の三角公園」

2019年2月1日(土)~2020年1月11日(土)

イルミ点灯時間:17:00〜24:00

「御所浦物産館しおさい館前広場」

2019年11月30日(土)~2020年1月10日(金)

イルミ点灯時間:17:30〜23:00

「Amakusan SANTA island」イルミSPOTの場所【地図】

すべての場所をマークしています。現地到着後に活用ください。

まずは「世界遺産の崎津教会」から

崎津教会(熊本県天草市河浦町)

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産「崎津集落」。

そのシンボルが名工 鉄川与助作「カトリック崎津教会」です。

1934年(昭和9年)建立、鉄筋コンクリート・木造の混合建築である天主堂は、その堂内がわが国でも稀有な畳敷きとなっています[1]ほかに、長崎県西海市の「間瀬教会」、島根県の「津和野教会」があります。

「崎津教会」は、それまでの鉄川与助による教会建築とは様相が異なります。そのため、専門家の間に訝(いかぶ)る声が聞こえます。

筆者の推測を述べれば、赴任神父の「オーグスチン・ハルブ」の意向が強く反映していると考えられます。実際「ハルブ神父」は、崎津以前での赴任先で、多くの教会堂建築に携わってきました。つまり教会建築に一家言をもっていた訳です。

参考:広瀬 敦子著『よみがえる明治の宣教師 ハルブ神父の生涯』

崎津教会(熊本県天草市河浦町)

前近代の趣が色濃い、ひなびた漁村にそびえる「崎津教会」。

奄美大島、長崎黒崎などで宣教活動に献身したパリ外国宣教会「ハルブ神父」が、その集大成として、かつて踏み絵が行われた庄屋宅(吉田家)跡に建立しました[2]「浦上天主堂建立地」も同様のケース

荘厳な雰囲気に包まれたイルミネーション

崎津教会(熊本県天草市河浦町)のイルミネーション

崎津教会(熊本県天草市河浦町)のイルミネーション

イルミネーションで煌々と照らされた聖堂は、静寂に包まれた雰囲気のなかで、イエスキリストの誕生を祝福します。

崎津教会(熊本県天草市河浦町)のイルミネーション

「教会の見えるチャペルの鐘展望公園」からの崎津教会。

「海の天主堂」の通称にふさわしい、海に溶け込んだ景観が見てとれます。

※「教会の見えるチャペルの鐘展望公園」は外灯が設置されておらず、夜間には懐中電灯が必須です。

夜間限定で、教会そばの観光駐車場に停められます

夜間なら600メートル離れた観光客専用の駐車場にではなく、教会最寄りに停められます(3台分)。

周囲は民家に囲まれているので、アイドリングはstopで!

崎津冬の風物詩「気嵐(けあらし)」も是非

崎津教会(熊本県天草市河浦町)

冬の冷え込みが厳しい早朝、気温と海水温の差が大きいときに発生する蒸気霧、通称「気嵐(けあらし)」も、イルミネーションと並ぶ冬の崎津名物。

朝霧に包まれた崎津教会は、冬季限定となる羊角湾からの贈り物。

この「気嵐(けあらし)」も是非ご覧ください。

「大江教会」と「天草ロザリオ館」の美しさに、ありったけの賛辞を贈りたい

「大江教会」

大江教会(熊本県天草市天草町大江1782)

「大江教会」は、天草の宣教・福祉に生涯を捧げたパリ外国宣教会の「ガルニエ神父」によって建立された白亜の聖堂。

設計・施行は崎津教会と同じ鉄川与助で、全鉄筋コンクリート造。

長年の倹約生活で貯めた神父の私財をすべて投じて、1933年(昭和8年)に創建されました。

今なお天草の聖人として敬慕される「ガルニエ神父の生涯とは?」

ガルニエ神父胸像(天草・大江教会内)

貧困に喘いでいた天草人以上に清貧に徹した「ガルニエ神父」の姿は、与謝野寛ら五足の靴一行に深い感銘に与えました。

「根引きの子部屋」として跡地が今に残る孤児院では、キリスト教徒・仏教徒の孤児を分け隔てなく養っています。

「わしが贅沢すると人は救えん。フランスから遠い日本に来ているのは人を救うためだ」が口癖だったその人物像とは?

長崎県の教会にも引けを取らない「大江教会のイルミネーション」

大江教会(熊本県天草市)のイルミネーション 大江教会(熊本県天草市)のイルミネーション 大江教会(熊本県天草市)のイルミネーション大江教会(熊本県天草市)のイルミネーション

大江教会(熊本県天草市)のイルミネーション 大江教会(熊本県天草市)のイルミネーション
大江教会(熊本県天草市)のイルミネーション 大江教会(熊本県天草市)のイルミネーション

「大江教会のイルミネーション」は、長崎県下最高峰である「浅子教会」「中ノ浦教会」「大浦天主堂」に勝るとも劣らない、スケールと美しさです(断言)。

※筆者は、長崎県下、教会イルミネーションの有名どころはほぼ巡っています

途方もない手間暇がかかっているでしょうが、末永く続けてほしいと切に願います。

「天草ロザリオ館」

大江教会(熊本県天草市)のイルミネーション 天草ロザリオ館(熊本県)のイルミネーション 天草ロザリオ館(熊本県)のイルミネーション
天草ロザリオ館(熊本県)のイルミネーション 天草ロザリオ館(熊本県)のイルミネーション

「大江教会」から700メートル下った先にある「天草ロザリオ館」でもイルミネーションが行われています。

丘の上にある大江天主堂との借景は、さながら夢の世界に登場するおとぎ話のようです。

「サンタハウスに入ると……?」

天草ロザリオ館(熊本県)のイルミネーション
天草ロザリオ館(熊本県)のイルミネーション 天草ロザリオ館(熊本県)のイルミネーション

中にいる2体のサンタさんが………???????

実際に入館してお確かめください(お子様が歓喜すること10年保証!)

※「大江教会」、「天草ロザリオ館」ともに駐車場あり。

「牛深ハイヤ大橋のライトアップ」

牛深ハイヤ大橋(熊本県天草)のイルミネーション牛深ハイヤ大橋(熊本県天草)のイルミネーション

「大江教会から10分もすれば着くんじゃね?」と土地勘のない者のあさはかさで車を走らせたら、想定以上の時間を費やした「牛深ハイヤ大橋」。天草広レーーーー(汗

全長883メートルの大橋に、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」と「クリスマス」のそれぞれのシンボルカラー、「ターコイズブルー」と「グリーン」の2色で彩られます。

大橋出入口横の「三角公園」のイルミもキレーでした。

天草のイルミネーション紹介は、これにて終了です。

「わざわざ海を渡ってきたのだから、天草のイルミをぜんぶ撮ったろ!」と意気込んでいたけど、牛深ハイヤ大橋でタイムオーバーとなり撃沈。

残る「天草市役所裏河川プロムナード」、「御所浦物産館しおさい館前広場」、「下田温泉足湯広場」のイルミネーションは次回にお預けでっす。

教会を訪れる際は、以下を参考にして、見学マナーを必ずお守りください。

「長崎県」⇒「天草」までのアクセス

県南から:「口之津港」(南島原市)からのフェリーで渡海するのを断固オススメ。

費用面でも高速道路経由より安上がりです。

県北から:口之津港フェリー経由が良さげですが、実際に体験していないので何とも言えません(とにもかくにも、高速経由での天草行きはイスカンダルかよ!と発狂するほどはるか遠しです)。

✔夜間に口之津港⇔鬼池港フェリーは運行していないので、イルミ鑑賞後は、高速道路で帰るか、現地で宿泊するかの2択です。

長崎県のイルミネーション【怒涛の80スポット】大紹介ッ!

長崎県のイルミネーション(ハウステンボス、浅子教会、しあわせイルミネーション、グラバー園)

なーんと、長崎県下イルミネーション【80スポット】を巡り終えたので、絶景写真とともにぜーんぶ紹介!銀河級のまとめ記事です。

画像をポチッとな!

本稿の執筆、すべての写真撮影(マイマップの写真含):当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。

詳しくは「転載、引用について」をお読みください。

特にまとめ・キュレーションサイト、アフィリエイトブログによる画像の盗用については、断固とした対応をとります。

脚注・出典

↑ 1. ほかに、長崎県西海市の「間瀬教会」、島根県の「津和野教会」があります。
↑ 2. 「浦上天主堂建立地」も同様のケース

トップへもどる

Copyrighted Image