「亀山社中記念館の駐車場」【0円&近い】地元民が本気でオススメする3選

スポンサーリンク

長崎在住者が【後悔ナシの駐車場選び】をズバッと解説!

亀山社中記念館(伊良林2丁目7-24)

【最初に】Googleマップだけ見て選ぶと、大火傷を負います!

風頭公園・亀山社中祈念館(長崎)への行き方
安易な駐車場選びは、地獄坂GOとなります!

その理由:「亀山社中記念館」は、標高150メートルの風頭山中腹に位置しています。そのため、山のふもとにある駐車場に停めると、250メートルもの急坂をハァハァ息を切らしてのぼる苦行を味わいます。

つまり、車で来た意味、全くナシ!

※現地調査をしないまとめサイトは、この初歩的ミスを頻繁に犯しているので要注意です。

この点を踏まえて、「亀山社中記念館」への駐車場は、3か所把握すれば事足ります。

歩行距離と登坂が最小となる駐車場を紹介するので、ご安心ください。

✔その他の要チェックPOINT

龍馬のぶーつ像(長崎市伊良林) 坂本龍馬之像(長崎県長崎市伊良林 風頭公園)

  1. 亀山社中記念館から徒歩1分の「龍馬のぶーつ像」。プラス、風頭山頂上に立つ「坂本龍馬之像」は、龍馬観光巡りの3点セットとしてグルッと一巡できます。
  2. それぞれ適切な駐車場も併せて紹介します。
  3. 3か所を巡る所要時間:約60分~90分

いきなり「まとめ」

読者の希望に沿う駐車場を選べるように、最初にピンポイントでまとめておきます。

駐車場選びに時間を割くことなく、長崎旅行プラン作りに専心してください。

  1. 土日祝日「瓊浦(けいほ)高等学校の臨時駐車場」一択!(駐車料金0円)
  2. 平日「伊良林3丁目駐車場」一択!(60分/200円)
  3. 龍馬ファンなら「長崎龍馬観光駐車場」を選択肢に入れても良し!(60分/100円。地獄坂を登るけど、駐車場内に珍龍馬グッズがふんだんに販売されているから)。

    ただ人気駐車場で満車率高し。

ハイ、これだけ覚えればOK!(長崎龍馬観光駐車場を例外として)低料金に惑われてふもとの駐車場に停めると、地獄坂コース行ですのでご注意を。

90分/300円となる「伊良林3丁目駐車場」に停めても、「亀山社中記念館」と周辺観光地巡りは90分内で済むので、結局100円の差額で済みます。

駐車場が決まったら、目次をクリックし【詳細確認】を!

「各駐車場」から「亀山社中記念館」までを、写真付きの地図でガイドしているので、絶対迷いません!

【1】「瓊浦高等学校」

亀山社中記念館の臨時駐車場「瓊浦学園 瓊浦高等学校」

長崎県長崎市伊良林2丁目13−4

収容台数26台

土日祝日のみの利用可

• 駐車料金:無料

「瓊浦高等学校」⇒「亀山社中記念館」への歩き方

「亀山社中記念館」に行く途中の名所もすべて紹介します!

現地到着後に地図を活用ください。

「亀山社中記念館」まで350メートル、徒歩5分

亀山社中記念館の臨時駐車場「瓊浦学園 瓊浦高等学校」

「瓊浦高等学校」が視界に入ったら、ハンドルを切り西へ下っていきます。

亀山社中記念館の臨時駐車場「瓊浦学園 瓊浦高等学校」

100メートルほど下ると、右手に瓊浦高等学校の臨時駐車場があるので車を停めてください。

開放日となる土日祝日には、警備員が立っているので、不明な点があれば遠慮なく訊ねてください。

瓊浦学園 瓊浦高等学校から亀山社中記念館までの行き方

駐車場から出たら右折して下っていきます。

瓊浦学園 瓊浦高等学校から亀山社中記念館までの行き方 風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方

風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方 風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方

50メートルほど下ると、「若宮稲荷神社」の境内に入ります。

「若宮稲荷神社」

若宮稲荷神社(長崎市伊良林)

若宮稲荷神社(長崎市伊良林)坂本龍馬之像
龍馬の絵馬若宮稲荷神社の坂本龍馬之像

長崎市内最大の稲荷神社で、坂本龍馬ら維新志士とゆかりの深く「勤皇稲荷」の別称をもちます。境内にミニチュアの「坂本龍馬之像」が建立されているので必見です。

また、神符授与所で授与している絵馬、お守りは、龍馬ゆかりのものが揃っています。龍馬ファンだけでなく、観光客にもおみやげにピッタシです。

若宮稲荷神社は他にも魅力いっぱい。詳しーくはコチラ!

瓊浦学園 瓊浦高等学校から亀山社中記念館までの行き方

参拝を済ませたら、太鼓橋まで戻り右折

「亀山社中資料展示場」

亀山社中資料展示場(長崎市伊良林)
亀山社中資料展示場(長崎市伊良林) 亀山社中資料展示場(長崎市伊良林)

右折後すぐに、「亀山社中ば活かす会」が運営する「亀山社中資料展示場」に立ち寄りましょう。

坂本龍馬および亀山社中・海援隊のまつわる約50点の貴重な資料がドドーーーンッと展示されています。入館無料に加え、全面撮影可能な太っ腹運営(維持管理のために募金をお願いします)。

開館:土日祝のみ 9:00〜17:00

風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方(復路編)風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方

「亀山社中資料展示場」から出たら右折して、直進。「仕出し くさの」の看板が見えたら「左折」します。

「龍馬のぶーつ像」

龍馬のぶーつ像(長崎市伊良林)

「亀山社中記念館」のちょい手前の小広場に「龍馬のぶーつ像」があります。

新進気鋭の維新志士、龍馬を象徴するものは、袴のなかのピストル、右手の懐中時計、そしてブーツです。

「龍馬のぶーつ像」で、そのブーツを実際に履いて、巨大な舵を握れば、気分はもう160%Ryoma!最強の記念撮影POINTなので、バシャバシャとシャッターを切りましょう。

「亀山社中記念館に到着!」

亀山社中記念館(伊良林2丁目7-24)
亀山社中記念館(伊良林2丁目7-24) 亀山社中記念館(長崎市伊良林2丁目7-24)

「龍馬のぶーつ像」から数メートル先に、慶応元年(1865年)に龍馬が結成した貿易結社・亀山社中の遺構跡に建てられた「亀山社中記念館」があります。

「海援隊」の前身となるこの亀山社中は、私設海軍と貿易業という二つの顔をもち、幕末の風雲児、坂本龍馬の勇躍の礎となったことで有名。

  ✔ 開館時間 9:00~17:00
  ✔ 料金
一般 300円
高校生 200円
小・中学生 150円

※15名以上より団体割引あり。

「亀山社中記念館」から「風頭公園」までの行き方(小川ハタ店駐車場へ)

小川ハタ店駐車場(風頭公園)
小川ハタ店駐車場

次に高さ約5メートルの「坂本龍馬之像が建つ風頭公園」へ向かいます。

「瓊浦高等学校 臨時駐車場」は、亀山社中記念館専用ですので、一旦車まで戻ります。

そして「風頭公園」最寄りの「小川ハタ店駐車場」まで車を走らせてください。距離750メートル、車で3分の距離です。

風頭公園(長崎市伊良林)の出入口
風頭公園の入口

「小川ハタ店駐車場」の料金は、60分/200円で周辺駐車場と同額。風頭公園での観光は、30分もあれば巡り終えます。

駐車場から公園入口までは北へ徒歩1分、「坂本龍馬之像」までは250メートル、徒歩3分で着きます。

風頭公園では、展望台からの絶景鑑賞もお忘れなく!

風頭公園の展望台(長崎市伊良林町) 風頭公園展望台(長崎市伊良林)からの絶景

「風頭公園」は、龍馬像だけでなく、同像から徒歩1分にある展望台から絶景も名物です。スルーされがちなので、お忘れなく!

「風頭公園」は、以下で予習しておけば満足度140%アップ!

「瓊浦高等学校 臨時駐車場コース」の案内は、これにて終了です

【2】「伊良林3丁目駐車場」

伊良林3丁目時間駐車場(風頭公園)

注意事項

• 駐車場の受付は奥の事務所で行います(17時まで)。

• 「自宅が留守」、「受付していない」、「夜9:00~朝までの時間駐車」では、出入口にある支払機に1000円払います。そうすれば、チェーンが下がり出られます。

 長崎市伊良林3丁目8  

• 朝~21:00⇒  60分/200円、以降30分/100円 

• 21:00~朝 or 受付できなかった場合 ⇒ 駐車時間問わず1,000円

「伊良林3丁目駐車場」⇒「亀山社中記念館」への歩き方

  1. 「瓊浦高等学校 臨時駐車場」が土日祝専用なので、平日では、「伊良林3丁目駐車場」が亀山社中記念館最寄りです。
  2. 「瓊浦高等学校 臨時駐車場コース」では、登坂は僅かななのに対し、本コースでは約300メートルの距離を登ります。

    (※それでも山のふもとからより、登坂の距離は半減します)。

  3. 「亀山社中記念館」に行く途中の名所もすべて紹介します!

現地到着後に地図を活用ください。

「亀山社中記念館」まで200メートル、徒歩5分。

伊良林3丁目駐車場から亀山社中記念館までの行き方

「伊良林3丁目駐車場」のゲートを出たら、右折して下っていきます。

「1体目の龍馬像」とランデブー

風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方
風頭公園途中の坂本龍馬像のミニチュア 風頭公園途中の坂本龍馬像のミニチュア

駐車場から50メートル直進で下ると、「1体目の坂本龍馬之像」とご対面。可愛らしいミニチュア胸像です。

龍馬像を境にして、

  1. 左手の道:「亀山社中記念館」への近道。
  2. 右手の道:「若宮稲荷神社」、「亀山社中資料展示場」経由します。

距離的には5分程度の遠回りとなりますが、せっかくですもの、本稿では(2)のコースをご案内。2体目の龍馬像との邂逅が待っています!

ということで、右手の道を進んでください。

亀山社中記念館への行き方

※時間のない方:左手の道を降りて、階段を80メートル下り、3叉路を右折。20メートルほど直進すれば「亀山社中記念館」に着きます。

風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方
風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方 風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方

S字カーブの続く道路沿いを170メートル降りてください。そうしたら「若宮稲荷神社」&「亀山社中資料展示場」への案内版が視界に入るので、それに沿って左折

50メートルほど下ると、「若宮稲荷神社」の境内に入ります。

風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方

「若宮稲荷神社」【2体目の龍馬像はココッ】

若宮稲荷神社(長崎市伊良林)

若宮稲荷神社(長崎市伊良林)坂本龍馬之像
龍馬の絵馬若宮稲荷神社の坂本龍馬之像

長崎市内最大の稲荷神社で、坂本龍馬ら維新志士とゆかりの深く「勤皇稲荷」の別称をもちます。境内にミニチュアの「坂本龍馬之像」が建立されているので必見です。

また、神符授与所で授与している絵馬、お守りは、龍馬ゆかりのものが揃っています。龍馬ファンだけでなく、観光客にもおみやげにピッタシです。

若宮稲荷神社は他にも魅力いっぱい。詳しーくはコチラ!

「亀山社中資料展示場」

亀山社中資料展示場(長崎市伊良林)
亀山社中資料展示場(長崎市伊良林) 亀山社中資料展示場(長崎市伊良林)

参拝を済ませたら「太鼓橋」まで戻り右折

するとすぐに「亀山社中ば活かす会」が運営する「亀山社中資料展示場」があるので立ち寄りましょう。

坂本龍馬および亀山社中・海援隊のまつわる約50点の貴重な資料がドドーーーンッと展示されています。入館無料に加え、全面撮影可能な太っ腹運営(維持管理のために募金をお願いします)。

開館:土日祝のみ 9:00〜17:00

風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方(復路編)風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方

「亀山社中資料展示場」から出たら右折して、直進。「仕出し くさの」の看板が見えたら「左折」します。

「龍馬のぶーつ像」

龍馬のぶーつ像(長崎市伊良林)

「亀山社中記念館」のちょい手前の小広場に「龍馬のぶーつ像」があります。

新進気鋭の維新志士、龍馬を象徴するものは、袴のなかのピストル、右手の懐中時計、そしてブーツです。

「龍馬のぶーつ像」で、そのブーツを実際に履いて、巨大な舵を握れば、気分はもう160%Ryoma!最強の記念撮影POINTなので、バシャバシャとシャッターを切りましょう。

「亀山社中記念館に到着!」

亀山社中記念館(伊良林2丁目7-24)
亀山社中記念館(伊良林2丁目7-24) 亀山社中記念館(長崎市伊良林2丁目7-24)

「龍馬のぶーつ像」から数メートル先に、慶応元年(1865年)に龍馬が結成した貿易結社・亀山社中の遺構跡に建てられた「亀山社中記念館」があります。

「海援隊」の前身となるこの亀山社中は、私設海軍と貿易業という二つの顔をもち、幕末の風雲児、坂本龍馬の勇躍の礎となったことで有名。

  ✔ 開館時間 9:00~17:00
  ✔ 料金
一般 300円
高校生 200円
小・中学生 150円

※15名以上より団体割引あり。

「亀山社中記念館」から「風頭公園」までの歩き方

まず、「亀山社中記念館」から「伊良林3丁目駐車場の手前」まで戻りますが、往路とは別の近道を通ります。

風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方

「亀山社中記念館」の玄関を出たら、出入口を左折

風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方

50メートルを直進し、三叉路を左折(案内板あり)。

風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方

急勾配な階段の階段を80メートル登ります。ファイトです!

風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方(往路編)

階段を上がりきり、龍馬胸像から50メートル進むと「伊良林3丁目駐車場」手前まで戻ります。

「伊良林3丁目駐車場」手前から標識にしたがって右折

風頭公園・亀山社中祈念館(長崎)の所々にある龍馬通りのレリーフ 風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方(往路編)

50メートルほどで左折。「風頭公園」はもう目の前です!

風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方(往路編) 風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方(往路編)

階段をあがりきり、グラウンドに着けば、そこが「風頭公園」です。

お疲れ様でした!

【風頭公園に到着!】~本命の龍馬像とご対面!

坂本龍馬之像(長崎県長崎市伊良林 風頭公園)

風頭公園の展望台(長崎市伊良林町) 風頭公園展望台(長崎市伊良林)からの絶景

3体目の龍馬像は、もちろん風頭公園の「坂本龍馬之像」(山崎和國氏作)

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」の文学碑や、展望台からの絶景もすこぶる魅力です。お忘れなく!

「風頭公園」は、以下で予習しておけば満足度140%アップです!

「伊良林3丁目駐車場コース」の案内は、これにて終了です

【3】「長崎龍馬観光駐車場」

坂本龍馬自販機・観光駐車場(長崎市麹屋町)

長崎県長崎市麹屋町6−6

収容台数12台

 24時間営業

 • 6:00~24:00    ⇒   60分/100円

 • 24:00~翌6:00 ⇒   60分/50円

「長崎龍馬観光駐車場」⇒「亀山社中記念館」への歩き方

  1. 本コースでは、「風頭公園」まで距離600メートルの急坂を登ります。
  2. 低額な駐車料金ですが、労力からすれば割に合いません。しかし、珍龍馬グッズが多数販売されているので、龍馬ファンにはオススメできます。

    ただ、満車率の高い人気駐車場です。満車の場合、「土日なら瓊浦(けいほ)高等学校の臨時駐車場」、「平日なら伊良林3丁目駐車場」へ向かってください。
  3. 「亀山社中記念館」に行く途中の名所もすべて紹介します!

現地到着後に地図を活用ください。

「亀山社中記念館」まで550メートル、徒歩15分。

「長崎龍馬観光駐車場(坂本龍馬の自販機)」

坂本龍馬自販機・観光駐車場(長崎市麹屋町)

坂本龍馬自販機・観光駐車場(長崎市麹屋町) 坂本龍馬自販機・観光駐車場(長崎市麹屋町)

坂本龍馬自販機・観光駐車場(長崎市麹屋町) 坂本龍馬自販機・観光駐車場(長崎市麹屋町)

「坂本龍馬の自販機」:「龍馬が愛したクッキー」や「龍馬お守り」、「龍馬キーホルダー」などオリジナル龍馬グッズの他、

   • メルヘン系痛い巫女が占ってくれる「胸キュン恋みくじ」

   • どこかで聞いたようなタイトル「占いフォーチュンクッキー」

   • 買っちゃダメなのに売っている「凶みくじ」

など、びっくり自販機がズラァァーーーーァと並んでいます。

3時間は余裕で見続けるけど、程度に切り上げてください。

風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方(往路編)

ではでは、出発しましょう。

「坂本龍馬の自販機」から数十メートル進んで、左折してください。

「東明山 興福寺」

長崎ランタンフェスティバルの興福寺(長崎市寺町、唐寺)

左折後ほどなくして右手に見える「長崎の興福寺」は、江戸時代の在留中国人が、キリスト教徒でない証しとして建立した唐寺(とうでら)のなかの一山。禅宗の一派「黄檗宗」の寺院です。

当時の在崎中国人は、日中貿易で得た莫大な財を惜しみなく寄進し、興福寺の開山を援助しました。そのため、中国の建築意匠を基調とした荘厳美麗な名刹として完工。その建築様式は、今日でも高い名声を得ています。

同寺は、文化財としての価値、そして鑑賞対象としても、京都の有名寺院に何ら劣りません。拝観を強くオススメします。

  拝観時間 9:00~17:00
  料金
一般 300円
中・高校生 200円
小学生 100円

風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方(往路編)

「興福寺」から「寺町通り」を道なりに進み深崇寺と禅林寺の間にある坂道を右折!「龍馬通り」の石碑が目印です。

いよいよ「風頭公園まで続く地獄坂」にログインッ!

「龍馬通り」

風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方(往路編)
風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方(往路編)、休石 風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方(往路編)・風頭山中腹からの風景

「亀山社中記念館」まで200メートルの登り坂が続きます。途中に休み石があるので、「もう無理、ギブッ」な時は休憩してください。

途中に、抜群なロケーションを一望できます。

風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方(往路編)

登り坂をあがってしまえば、T字路になっているので、左折

「亀山社中記念館に到着!」

亀山社中記念館(伊良林2丁目7-24)
亀山社中記念館(伊良林2丁目7-24) 亀山社中記念館(長崎市伊良林2丁目7-24)

20メートル進むと「亀山社中記念館」に着きます。

「亀山社中記念館」:慶応元年(1865年)に龍馬が結成した貿易結社・亀山社中の遺構跡に建てられました。

「海援隊」の前身となるこの亀山社中は、私設海軍と貿易業という二つの顔をもち、幕末の風雲児、坂本龍馬の勇躍の礎となったことで有名。

  ✔開館時間 9:00~17:00
  ✔料金
一般 300円
高校生 200円
小・中学生 150円

※15名以上より団体割引あり。

風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方(往路編)

「亀山社中記念館」を見学し終えたら、門を抜けて右折します。

「龍馬のぶーつ像」

龍馬のぶーつ像(長崎市伊良林)

「亀山社中記念館」から10メートルほど進んだ小広場に「龍馬のぶーつ像」があります。

新進気鋭の維新志士、龍馬を象徴するものは、袴のなかのピストル、右手の懐中時計、そしてブーツです。

「龍馬のぶーつ像」で、そのブーツを実際に履いて、巨大な舵を握れば、気分はもう160%Ryoma!最強の記念撮影POINTなので、バシャバシャとシャッターを切りましょう。

風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方(往路編) 風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方(往路編)

「龍馬のぶーつ像」から70メートル直進し、右折

50メートル直進すると、左手に「亀山社中資料展示場」が見えます。

「亀山社中資料展示場」

亀山社中資料展示場(長崎市伊良林)
亀山社中資料展示場(長崎市伊良林) 亀山社中資料展示場(長崎市伊良林)

「亀山社中ば活かす会」が運営する「亀山社中資料展示場」に立ち寄ってみましょう。

坂本龍馬および亀山社中・海援隊のまつわる約50点の貴重な資料がドドーーーンッと展示されています。入館無料に加え、全面撮影可能な太っ腹運営(維持管理のために募金をお願いします)。

開館:土日祝のみ 9:00〜17:00/入館無料

風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方(往路編)

「亀山社中資料展示場」から数メートル先が、「若宮稲荷神社」「風頭公園」との分岐路となります。

「若宮稲荷神社」【1体目の龍馬像はココッ】

若宮稲荷神社(長崎市伊良林)

若宮稲荷神社(長崎市伊良林)坂本龍馬之像
龍馬の絵馬若宮稲荷神社の坂本龍馬之像

長崎市内最大の稲荷神社で、坂本龍馬ら維新志士とゆかりの深く「勤皇稲荷」の別称をもちます。境内にミニチュアの「坂本龍馬之像」が建立されているので必見です。

また、神符授与所で授与している絵馬、お守りは、龍馬ゆかりのものが揃っています。龍馬ファンだけでなく、観光客にもおみやげにピッタシです。

若宮稲荷神社は他にも魅力いっぱい。詳しーくはコチラ!

若宮稲荷神社の方形の鳥居風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方(往路編)風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方(往路編)

「若宮稲荷神社」を参拝し終えたら、分岐路まで戻り珍しい「方形の鳥居」をくぐります。通常は円形であるはずの鳥居の脚が角ばっている珍しい鳥居です。

その鳥居を抜け、短い坂道を登り終えたら右折。そこからS字路の登り坂をひたすらあがります。

「2体目の龍馬像」とランデブー

風頭公園途中の坂本龍馬像のミニチュア 風頭公園途中の坂本龍馬像のミニチュア

100メートルほど進めば、「2体目の坂本龍馬之像」とご対面。可愛らしいミニチュア胸像です。

風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方(往路編)

50メートルほど歩くと道路に出ます。

道路から標識にしたがって右折

風頭公園・亀山社中祈念館(長崎)の所々にある龍馬通りのレリーフ 風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方(往路編)

50メートルほどで左折。「風頭公園」はもう目の前です!

風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方(往路編) 風頭公園(長崎市伊良林)への徒歩の行き方(往路編)

階段をあがりきり、グラウンドに着けば、そこが「風頭公園」です。

本当に、本当に、お疲れ様でした!

【風頭公園に到着!】~本命の龍馬像とついにご対面!

坂本龍馬之像(長崎県長崎市伊良林 風頭公園)

風頭公園の展望台(長崎市伊良林町) 風頭公園展望台(長崎市伊良林)からの絶景

3体目の龍馬像は、もちろん風頭公園の「坂本龍馬之像」(山崎和國氏作)

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」の文学碑や、展望台からの絶景もすこぶる魅力です。お忘れなく!

「風頭公園」は、以下で予習しておけば満足度140%アップです!

「長崎龍馬観光駐車場コース」の案内は、これにて終了です

以上になります。~ではでは、より良き龍馬巡りの旅を

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人(※画像・文章の無断転載を固くお断りします。転載については必ずこちらをお読み下さい。
スポンサーリンク

お役に立ちましたら、ぜひシェアしてください

フォローする

スポンサーリンク

トップへもどる

Copyrighted Image