ジャイアント・カンチレバークレーンのライトアップ~【世界遺産】

飽の浦教会 駐車場からのライトアップされたジャイアント・カンチレバークレーン(世界遺産)
100年以上稼働するタフネス・クレーン

1909年(明治42年)に長崎造船所が輸入した英国アップルビー社製造のハンマーヘッド型電動クレーン。高さ約62メートル、アーム部分の長さ約75メートル、150tの吊上能力を有するとにかくぶっとくて凄いやつ。

蒸気タービンや船舶用大型プロペラなど大型重量物の吊り下げ作業に現在も従事している。ハンマーヘッドの向きが頻繁に変わるのが見て取れるのはそのため。「明治日本の産業革命遺産の構成資産」の構成資産の一つ。

この偉大なクレーンは毎夜ライトアップされます。

ジャイアント・カンチレバークレーンは、現役で稼働中の施設です。そのため造船所内では非公開施設となっていますが、長崎市内各所から遠望することはできます。

「似顔絵」。イラスト

ではでは、市内各所から遠望できるジャイアント・カンチレバークレーンの雄姿をご紹介

「丸尾町岸壁」~間近で見れる【SPOT1】

丸尾町岸壁からのライトアップされたジャイアント・カンチレバークレーン(世界遺産)

最も近距離で見ることができるSPOT。高さは約62メートルの巨大クレーンを間近で見上げると迫力満点!

「長崎県庁8階展望台」【SPOT2】

長崎県庁8階展望台からのライトアップされたジャイアント・カンチレバークレーン(世界遺産)

21時まで開放されている長崎県庁の8階展望台。俯瞰して観るポイントとしては、ベストofベスト!

「稲佐山展望台」~夜景のシンボルから【SPOT3】

稲佐山山頂展望台からのライトアップされたジャイアント・カンチレバークレーン

夜景のメッカ「稲佐山展望台」からもジャイアント・カンチレバークレーンは遠望できます。標高333メートルからのやや距離を感じるPOINTですが、夜景鑑賞の際はお見逃しなく。

「水辺の森公園」~正面からガン見できる【SPOT4】

水辺の森公園からライトアップされたジャイアント・カンチレバークレーン(世界遺産)

2003年に開園した長崎港東側内港に面した「水辺の森公園」。24時間入園可能な敷地面積6.5haの海浜公園です。

この公園からは海越しにジャイアント・カンチレバークレーンを真正面から遠望できます。夜間の散策時に勇壮な佇まいを眺めてみてはいかが。

ライトアップされるジャイアント・カンチレバークレーン まとめ

鍋冠山公園からのライトアップされたジャイアント・カンチレバークレーン(世界遺産) 風頭公園からのライトアップされたジャイアント・カンチレバークレーン(世界遺産)
鍋冠山公園から 風頭公園から

この他にも、夜景の名所「鍋冠山公園」「風頭公園」からもライトアップされたジャイアント・カンチレバークレーンを遠望できます。

長崎の夜景を眺めていると、ひときわ存在感を放つ光のシャワーをおびたビッククレーン。日本の産業近代化に多大に寄与したその無骨で機能美に富んだすがたをご覧ください。

基本情報

※本施設は非公開です
公式サイト三菱長崎造船所|長崎|ストーリー&サイト|明治日本の産業革命遺産
所在地 長崎市飽の浦町1-1 三菱重工長崎造船所内
ライトアップされる期間/時間帯 日没~22:00

出島は【夜間も絶賛営業中】。

ライトアップされた出島(出島和蘭商館跡)

夜の出島は、丸々もとお氏プロデュースによる明治時代を再現したレトロチック・イリュージョンにライトアップされます!

出島のライトアップ~【絶賛開催中】営業時間は夜21時まで
毎夜21:00まで営業している「出島」。丸々もとお氏によって、あえて光量をおさえレトロチックにライトアップされた光景は、なんとも幻想的。建物内部やミニ出島も見学できますので、十二分のお得感。この夜間開園の出島を、完璧にFullガイドしました!

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。

詳しくは「転載、引用について」をお読みください。


トップへもどる

Copyrighted Image