「大浦天主堂のライトアップ」~タクシー運転手一押し!【プロお気に入り】

チェックPOINT【必見】

ライトアップされた大浦天主堂(世界遺産候補、国宝)
国宝、世界遺産を兼ねる「大浦天主堂」。幕末にフランス人神父プチジャンと隠れ(潜伏)キリシタンとの奇跡の邂逅の舞台となりました。

大浦天主堂は、長崎の観光名所では定番中の定番。しかし、営業終了後の日没から夜10:00まで、毎夜ライトアップされていることはあまり知られていません。

教会敷地外からの見物となりますが、天主堂自体が高台に建てられているので、光のカーテンを帯びたすがたを問題なく堪能できます。

タクシーの運転手が、夜の観光案内に選ぶスポット

ライトアップされた大浦天主堂

夜に大浦天主堂を数回撮影したけど、頻繁に来る、来る、タクシーが。

どういう事かというと、大浦天主堂前の道路「グラバー通り」は、17:00~翌朝9:00までは車の通行禁止が解除されます。そこでブーンを石道を登ってきて天主堂前に停車し、客を降ろして見物させるという訳。

見物は無料だし、客は歩かなくていいし、それでいて幻想的な天主堂の姿を一望できる。観光のプロであるタクシー運転手が好んで選ぶ、夜の観光SPOTであることが見て取れます。

上手に活用する3つの方法

(1)ココ単独で訪れる

近くに宿泊している方は、歩いて訪れることができます。他には、自家用車、レンタカーやタクシーで来ることも可能。

(2)夜景ドライブ先の一つとして立ち寄る

この周辺は、鍋冠山公園を始めとして、夜景スポットの宝庫。夜のドライブ先の一つとして訪れることができます。めくるめく夜景ドライブを堪能しましょう。

(3)グラバー園の夜間開園の帰路に立ち寄る

大浦天主堂とグラバー園は隣接しています。そのためグラバー園の夜間開園(期間限定/有料)を巡ってから長崎伝統芸能館から出れば、そのまま天主堂前広場に数分で着きます。

ただし、グラバースカイロード(垂直・斜行エレベーター)経由で帰ると、天主堂前広場は通りませんのでご注意を。

グラバー園のライトアップ2018~【夜間開園を遊び尽くす】攻略ガイド
「グラバー園の夜間開園」。その最終完全版なガイド記事を上梓!日程から営業時間、交通アクセス、ライトアップされる「グラバー邸」、そして各所からのキラッキラな夜景までを完全網羅!

さらには、ここから徒歩数分で着く、遠藤周作が愛した祈念坂まで行くのが、通のやり方。

クリスマスイルミネーションでドレスアップ

クリスマスイルミネーションで彩られた大浦天主堂

12月初頭からクリスマスにかけて、大浦天主堂ではクリスマスイルミネーションが施されます。

長崎県下のカトリック教会のほとんどが、この時期に同様の飾りつけが行われます。同天主堂の場合、場所が分かりやすく、夜間なら車で来ることが可能。ぜひデコレーションされた艶やかなすがたをご覧ください。

基本情報

ライトアップされた大浦天主堂

所在地長崎市南山手町5-3 大浦天主堂前の小広場
地図上の位置
ライトアップ期間無休 
時間帯日没から夜10:00まで

長崎のライトアップSPOT全網羅!【ALL15選】

長崎のライトアップスポット(グラバー園・眼鏡橋・出島・平和公園・大浦天主堂)

グラバー園・眼鏡橋・出島・平和公園etc。長崎市でライトアップされる名所を完全網羅しました。長崎の夜を遊び倒すにはこの記事で!

長崎のライトアップを網羅!【感動保障の15選】グラバー園・眼鏡橋・出島・平和公園etc
この記事のPOINT【必見】 ご存じですか?グラバー園、出島、眼鏡橋、平和公園など、長崎市内...

本稿の執筆、すべての写真撮影(マイマップの写真含):当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。詳しくは「転載、引用について」をお読みください。


トップへもどる

Copyrighted Image