「聖フィリッポ西坂教会」のライトアップ(長崎市西坂公園)

ライトアップされた日本二十六聖人殉教地(西坂公園)

名工 今井兼次&舟越保武によるキリスト教建築物へのライトアップ

戦後まもない1950年、西坂の殉教地はローマ教皇庁の公式巡礼地に指定されます。それによって、日本二十六聖人の遺徳を顕彰するための記念碑・教会堂建設の機運が高まります。

そして、日本二十六聖人の聖人列聖から100周年目にあたる1962年、今井兼次設計の「聖フィリッポ西坂教会」&「二十六聖人記念館」、舟越保武による「日本二十六聖人殉教記念碑」が完成にいたりました。

このうち毎夜ライトアップされるのは「聖フィリッポ西坂教会」「日本二十六聖人殉教記念碑」の2点です。

要チェックPOINT

  1. カトリック信徒には、ヴァチカンが定めた公式巡礼地として祈りをささげる大切な聖地となっています。そのため大声で騒ぐなどのマナー違反は厳に慎んでください。
    教会見学時のマナー|長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産
  2. 公園駐車場は、夕刻5:00で閉鎖されます。
  3. 「聖フィリッポ西坂教会」、「日本二十六聖人記念館」への夜間の入館はできません。

聖フィリッポ西坂教会(聖フィリッポ・デ・ヘスス教会)

ライトアップされた聖フィリッポ西坂教会(聖フィリッポ・デ・ヘスス教会)

高名な建築家・今井兼次の設計によるそのデザインには、ガウディの影響をおびており、さまざまな意味が込められています。

たとえば天にそびえる高さ16メートルの双塔。正面から向かって左の塔は「祈りと賛美の塔」で聖母マリアを象徴し、一方の右の塔は「聖霊からの恩恵」を陶器をもちいたモザイク状で表現しています。 また屋根と聖堂内部はノアの箱舟をイメージされた意匠となっています。

日本二十六聖人殉教記念碑 昇天のいのり

ライトアップされた日本二十六聖人殉教地(西坂公園)の「日本二十六聖人殉教記念碑 昇天のいのり」

日本二十六聖人の列聖100年周年のシンボルとして、日本を代表する彫刻家舟越保武が、4年もの歳月を費やして制作した二十六聖人像を横一列にはいした記念碑。

西坂の丘で十字架でかけられた二十六聖人が、神への祈りを捧げながら絶命し、その魂が天国へ召されるまさにその刻の一人一人の姿と表情を克明に表現しています。

駐車場について

「日本二十六聖人殉教地(西坂公園)」の駐車場は17:00閉鎖となります。徒歩5分以内にある駐車場は「キャピタルパーク中町第1」、「パークステーション中町」です。

「キャピタルパーク中町第1」
(長崎市中町5) 地図上の位置
[平日]    一律 ⇒ 60分/200円 
(21:00~翌8:00最大300円)
[土日祝] 一律 ⇒ 20分/200円 
(         〃       )
「パークステーション中町」
(長崎市中町5) 地図上の位置
・8:00~22:00 ⇒    30分/100円
・22:00~翌8:00 ⇒ 100分/100円

路面電車利用の場合

最寄りの電停:長崎駅前(日本二十六聖人殉教地まで450メートル、徒歩5分)

ライトアップされる「聖フィリッポ西坂教会」「日本二十六聖人殉教記念碑」 まとめ

ライトアップされた日本二十六聖人殉教地(西坂公園)・聖フィリッポ教会

1597年(慶長元年)2月5日、豊臣秀吉の命によって処刑された「日本二十六聖人」をはじめ、55名ものキリシタンが処刑された「元和の大殉教」、天正遣欧使節の一人「中浦ジュリアン」の殉教などいくたの殉教の舞台となった「日本二十六聖人殉教地(西坂公園)」

殉教の丘として高名ですが、「聖フィリッポ西坂教会」&「日本二十六聖人殉教記念碑」が夜間ライトアップされることはほとんど知られていません。

マナー遵守さえ気をつければ、入園無料で気軽に訪れることができます。殉教者たちの高潔な精神と、名工たちによる芸術作品を目に焼き付けてください。また公園奥から鑑賞すると、背後の立山のホテル群とあいまって、息をのむ夜景が広がります。お見逃しなく!

基本情報

公式サイト日本二十六聖人記念館 公式ページ
所在地 〒850-0055 長崎県長崎市西坂町2400     地図上の位置
料金 無料
ライトアップされる期間/
時間帯
 日没~22:00
創建120年の「中町教会」もライトアップされます。 【徒歩10分】

長崎のライトアップSPOT全網羅!【ALL15選】

長崎のライトアップスポット(グラバー園・眼鏡橋・出島・平和公園・大浦天主堂)

グラバー園・眼鏡橋・出島etc。長崎市でライトアップされる名所を完全網羅しました。長崎の夜を遊び倒すにはこの記事で!

長崎のライトアップを網羅!【感動保障の15選】グラバー園・眼鏡橋・出島・平和公園etc
この記事のPOINT【必見】 ご存じですか?グラバー園、出島、眼鏡橋、平和公園など、長崎市内...

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。
詳しくは「転載、引用について」をお読みください。


トップへもどる

Copyrighted Image