坂本龍馬之像(長崎 風頭公園)~歴史ファンなら必訪!【駐車場あり】

坂本龍馬之像(長崎県長崎市伊良林 風頭公園)夕陽に照らされる風頭公園の「坂本龍馬之像」風頭公園の「坂本龍馬之像」

長崎港に熱い視線をおくる龍馬像

長崎市伊良林にある風頭山の頂上には、高さ4.7mもの雄大な「坂本龍馬之像」がそびえています。

坂本龍馬之像(長崎県長崎市伊良林 風頭公園) 坂本龍馬之像(長崎県長崎市伊良林 風頭公園)
坂本龍馬之像(長崎県長崎市伊良林 風頭公園)

ブーツを履いた前足をグイッと踏だし、力強く腕ぐみした気宇壮大な龍馬。その眼光は、かつて活動の場とした長崎港を鋭く見すえています。

この銅像は彫刻家山崎和國氏による作品で、「龍馬の銅像建つうで会(現長崎龍馬会)」の活動と全国からの募金によって1989年に建立されたもの。数ある長崎の龍馬像のなかでも、特に龍馬に似ていると高い称賛をえている逸品。

耳より情報

風頭公園は桜の名所。見頃には、龍馬像のバックに桜が咲き誇り、無類のインスタ映え写真をフォトアルバムに納められます!

坂本龍馬之像(長崎県長崎市伊良林 風頭公園)

長崎では龍馬の息吹を強く感じられる風頭公園。そのメインの一つが本人酷似と評判の「坂本龍馬之像」。堂々たる龍馬像を眺めながら、歴史ロマンに想いを馳せてください。

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」文学碑

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」文学碑(風頭公園)

龍馬像のある小広場には、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」の一文が刻まれた文学碑が建立されています。文学碑には、

船が長崎の港内に入ったとき、竜馬は胸のおどるような思いをおさえかね、『長崎はわしの希望じゃ』と、陸奥陽之助にいった。『やがては日本回天の足場になる』ともいった。

司馬遼太郎「竜馬がゆく」より

と刻まれています。幕末の舞台となった長崎港を一望しながら詠めば、感慨もひとしおです

龍馬像からほど近い「亀山社中記念館」・「龍馬のぶーつ像」

亀山社中記念館(伊良林2丁目7-24) 龍馬のぶーつ像
亀山社中記念館 龍馬のぶーつ像

龍馬像から500m降りた場所には、慶応元年(1865年)に龍馬が結成した貿易結社・亀山社中の遺構跡に建てられた「亀山社中記念館」があります。「海援隊」の前身となるこの亀山社中は、私設海軍と貿易業という二つの顔をもち、幕末の風雲児、坂本龍馬の勇躍の礎となったことで有名。

また、そのすぐそばにある「龍馬のぶーつ像」は、絶好の記念撮影SPOTです。

坂本龍馬之像 駐車場案内

風頭公園に専用の無料駐車場はありません。しかし周辺に時間貸し駐車場が複数あります!

日中だったら「小川ハタ店の駐車場」が断然近くて便利です。60分/200円。18時閉鎖。

龍馬像は夜間ライトアップされます。また龍馬像のある風頭公園展望台は夜景の名所です。夜間利用では「風頭さくらパーキング」が便利です。詳細はコチラで。

基本情報

坂本龍馬之像と風頭公園の夜桜
所在地長崎県長崎市伊良林3丁目(風頭公園内)
入園時間24時間(※夜間にはライトアップされる)
料金無料
定休日年中無休
創建1989年
制作山崎和國

本稿の執筆、すべての写真撮影:当管理人

画像・文章の無断転載を固くお断りします(観賞価値・作品性を有する写真の引用は、著作権法によりできません。行えば損害賠償の対象となります)。詳しくは「転載、引用について」をお読みください。


トップへもどる

Copyrighted Image